株式会社アタゴ
サイトマップ サイトマップ GLOBAL SITEGLOBAL SITE
 
         
   
MASTER-ONE

果物・野菜

1. サンプルの採取

手で絞る・絞り器で絞る・すりおろす・すりおろして絞る・ジューサー等の方法で果汁、野菜の液汁を採取します。

果物・野菜は採取場所によって糖度が変わります。
部位ごとの比較ではなく、全体糖度の測定の場合は、上部・下部の果汁・野菜汁を別容器に採取して、攪拌してから測定します。

GO TOP

2. サンプル採取方法と測定値例

弊社の測定の際の採取方法と測定値です。果汁・野菜汁であれば測定できますので、採取しやすい方法で行なってください。

  採取方法 糖度
みかん 絞って採取
デ コ ポ ン 14%
温 州 12〜14%
早 生 10〜11.5%
伊 予 柑 12%
甘 夏 み か ん 11〜12%
バレンシアオレンジ 11〜12%
<補足>
品種にもよりますが、みかんは7月が糖度7〜8%で1ヶ月にほぼ1%の割合で糖度が上昇します。
グレープ フルーツ 絞って採取
10〜11%
レモン 絞って採取
7〜8%
いちご 絞って採取
8〜9%
ぶどう 絞って採取
巨 峰 15〜20%
ピオーネ 12.5〜21%
マスカット 10.2〜19.8%
デラウェア 18〜20%
<補足>
ぶどうは茎に近い部分と房の先端部分で1.5倍の糖度の違いがあるものがあります。
西瓜 切った際に出る果汁を採取
9〜13%
<補足>
種のところが最も高く、続いてお尻の部分で外周と茎側に向かう程、糖度は低くなります。
メロン 切った際に出る果汁を採取
13〜18%
<補足>
種のところが最も高く、続いてお尻の部分で外周と茎側に向かう程、糖度は低くなります。
切った際に出る果汁を採取
12〜15%
マンゴー 切った際に出る果汁を採取
10〜14%
びわ 絞り器で採取
茂 木 11〜13%
野島早生 11〜12%
キウィフルーツ 絞って採取
13〜16%
りんご 皮を剥いてすりおろして
ガーゼで絞って採取
紅 玉 12〜14%
サン津軽 13〜15%
サン富士 14〜16%
フ ジ 14〜17%
なし 皮を剥いてすりおろして
ガーゼで絞って採取
長 十 郎 11〜12%
二十世紀 11〜13%
幸 水 11〜14%
豊 水 11〜15%
南 水 14〜16%
パイナップル 切った際に出る果汁を採取
14〜15%
さくらんぼ 絞り器で採取
佐 藤 錦 12〜13%
アメリカンチェリー 14〜17%
切った際に出る果汁を採取
富 有 15〜18%
前川次郎 16〜17%
  採取方法 糖度
トマト 絞って採取
桃 太 郎 5〜6%
ミニトマト 6〜7%
<補足>
最近は高糖度のトマトが増え、中には、糖度10%を超えるものもあります。
大根 上部 すりおろしてガーゼで
絞って採取
3〜4%
大根 下部 すりおろしてガーゼで
絞って採取
2〜3%
人参 すりおろしてガーゼで
絞って採取
5〜7%
きゅうり すりおろしてガーゼで
絞って採取
福 島 5〜7%
なす すりおろしてガーゼで
絞って採取
4〜5%
長ねぎ 上部 みじん切りにして
ガーゼで絞って採取
4〜5%
長ねぎ 下部 絞り器で採取
7〜8%
ピーマン 絞り器で採取
3〜5%
かぼちゃ 種・ワタを除いてすりおろして
ガーゼで絞って採取
19〜20%
ジャガイモ 皮を剥いてすりおろして
ガーゼで絞って採取
メークイン 4〜5%
男 爵 5〜6%
さつまいも 皮を剥いてすりおろして
ガーゼで絞って採取
8〜12%
とうもろこし 絞り器で採取
14〜17%
たまねぎ 絞り器で採取
7〜8%
<補足>
糖度が10%を超えるものもあります。
GO TOP

3.測定方法

 ● 手持屈折計    
 

1) 果汁をプラスチックスプーンなどで、プリズム面に1滴滴下します。 採光板を閉じて、果汁が広がった事を確認します。

2) 蓋板を閉じ、接眼部からのぞきます。青と白の境界線の数値を読み取ってください。

対 象 製 品
手持屈折計 MASTER-20α 手持屈折計 MASTER-20T
手持屈折計 MASTER-野菜 手持屈折計 MASTER-20M
手持屈折計 MASTER-53α 手持屈折計 MASTER-53T
手持屈折計 MASTER-53M 手持屈折計 MASTER-53Pα
手持屈折計 MASTER-53PM  
 ● ポケット糖度計  

1) 果汁をプラスチックスプーンなどで、プリズム部に数滴(0.3ml)滴下します。 プリズム面全体に果汁が広がるように滴下します。

2) STARTキーを押します。
測定値がデジタル表示されます。

対 象 製 品
ポケット糖度計 PAL-1
GO TOP

4.測定目的

 ● 果樹生産分野での測定
1. 収穫時期を見定める事が出来ます。
2. おいしい果物、野菜を消費者に提供する事ができます。
3. 観光果樹園においてもおいしい果物を来園者に提供できます。
4. 生育中の糖度を管理することにより土壌の水分や肥料量を調整できます。
5. 選果場で果物、野菜の優劣の区別ができます。
6. 農協、農業改良普及センターで生産者の指導の際に活用できます。


 ● 青果市場、スーパーマーケット、小売店での糖度計活用

果物は、糖度によって「甘さ」が大きく左右されます。
青果市場、スーパーマーケット、小売店においても糖度を重要視するようになり、各種果物を糖度計で測定し、 その糖度を店頭に表示して、具体的な「甘さ」のバロメーターとして使用します。

GO TOP