薬事法の要請により日本薬局方に
第1部・基礎的製剤、第2部・混合製剤が定められている。


※ 旋光度は参考値であり、製造工程などで変化します。

  • 風邪薬

    風邪薬

    塩酸エフェドリン
    旋光度 -33.0°~-36.0°
    薬物療法としては対症療法が一般的で、発熱、頭痛、腰痛には解熱鎮痛剤が、咳、痰には鎮咳去痰剤が処方され、市販されているものの多くは、これらが配合された"総合感冒薬"。
  • 頭痛薬

    頭痛薬

    酒石酸エルゴタミン
    旋光度 -150°~-160°
    頭痛(偏頭痛)は男性と女性では1:3の割合で存在し、親から遺伝してくる確率は1/2との事。ストレスや女性ホルモン、食べ物などが原因とも言われている。
  • 点眼薬

    点眼薬

    酢酸プレドニゾロン
    旋光度 +112°~+119°
    目薬の1滴は0.05ml。目の中に納まる量は、0.02ml。目薬は、1適さして2分間ほど目をつぶっているのが、効果的で上手な使い方。何滴もさすのは、まったくムダ?!
  • 咳止め

    咳止め

    ノスカミン
    旋光度 約-140°
    非オピオイド系咳止め薬には、デキストロメトルファン等数種類があり、よく効く上、脳の咳中枢を鎮める働きもある。非オピオイド系咳止め薬は依存性が少なく、眠気を感じない。
  • 鎮痛剤

    鎮痛剤

    塩酸エキシコドン
    旋光度 約-125°
    鎮痛薬には、アスピリンやその他のサリチル酸塩(コリンやサリチル酸マグネシウムなど)、 イブプロフェン、ケトプロフェン、ナプロキセンナトリウム、アセトアミノフェンなどがある。
  • サプリメント

    サプリメント

    アスコルピン酸
    旋光度 +20.5°~+21.5°
    栄養補助食品(ダイエタリー・サプリメント)はビタミン剤などのサプリメントやハーブを含む製品、 機能性食品のこと。これらは食品として規制しているが、処方薬や市販薬と相互作用することがある。
  • 湿布薬

    湿布薬

    メントール
    旋光度 約-50.6°
    主に二種類あり、パップ剤は患部の冷却作用を有し、打ち身や捻挫などの急性疾患に適し、テープ剤は保温効果が有り、血流を良くし、腰痛や肩こりなどの慢性の痛みに適す。
  • 整腸剤

    整腸剤

    乳糖
    旋光度 -52.3°~52.5°
    腸の薬としては、腸内感染を予防する働きや腸内の異常発酵を抑える働きをもつ"整腸剤"、"殺菌・下痢止め"、"下剤"などがあります。胃腸薬と称されていても薬によってそれぞれ使用目的が異なります。
  • かゆみ止め

    かゆみ止め

    酢酸ヒドロコルチゾン
    旋光度 +158.0°~+165.0°
    かゆみを伴う皮膚の病気に、ダニ、シラミといった寄生虫によるものや、虫刺され、じんま疹、アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、接触皮膚炎などがある。
  • 酔い止め

    酔い止め

    臭化水素酸スコポラミン
    旋光度 -21.0°~-25.0°
    乗り物酔いなどの原因は三半規管の情報が実際の身体の動きと一致しない事である。最近では、身に着けるタイプやペット用などの酔い止めまである。