洗浄を目的とした界面活性剤を主成分とする製品。
合成洗剤は第一次世界大戦中のドイツで開発。


※ Brixは参考値であり、製造・調理などで変化します。

  • 洗 濯 洗 剤

    洗 濯 洗 剤

    Brix 0.17%
    綿、麻、合成繊維等の一般衣料は、洗浄力の高い弱アルカリ性洗剤(蛍光剤入りが多い)で洗い、毛、絹、おしゃれ着は洗浄力の穏やかな中性洗剤を使うのが基本。
  • 洗 顔 料

    洗 顔 料

    Brix 16.60%
    ウグイスの糞には豊富に酵素が含まれ、顔面に塗布する事で角質層が柔らかくなり、 小皺が取れ、肌のキメが細かくなり、くすみが取れて色白になる。古くから美顔洗顔料として人気。
  • クレンザー(研磨剤)

    クレンザー(研磨剤)

    Brix 12.30%
    研磨剤は磨き粉・磨き砂等、研磨する際に使用する補助的材料。白土・ケイ酸アルミニウム系鉱物:硬度2~2.5、カルサイト:硬度2~2.5、珪華:硬度5~6、石英:硬度7、珪砂:硬度7
  • 石 鹸

    石 鹸

    Brix 24.12%
    動物の肉を焼いた際、滴り落ちた油脂と木の灰(アルカリ)とが鹸化をし、土にしみ込んだその土で手を洗ったら汚れがとれると気がついた、というのが発祥と言われる。
  • 食器用洗剤

    食器用洗剤

    Brix 33.26%
    油汚れに強く、手あれ防止、アトピー予防をテーマに様々な会社が日々考えている模様。植物性成分 (とうもろこし、ココナッツ、やし油、バーム油、ひまわりなど)の中性洗剤が主流。
  • トイレ用洗剤

    トイレ用洗剤

    Brix 5.52%
    通常の汚れに留まらず、水垢、尿石除去剤、便座除菌クリーナ、臭い取りなどまでに及ぶ。 酸性が多い。塩酸が含まれているものや次亜塩素酸ナトリウムがある。
  • 工業用洗剤

    工業用洗剤

    Brix 46.18%
    油汚れを落とすことに主眼をおいたものが多く、汚れの程度に対応するため、希釈して使用するものが多い。また(強)アルカリ性が多い。
  • 漂 白 剤

    漂 白 剤

    Brix 9.38%
    塩素系漂白剤には必ず赤で「混ぜるな危険」という注意書きがある。塩素系漂白剤は酸性洗剤等と混ぜると、猛毒の塩素ガスが発生するので注意。
  • 消 臭 剤

    消 臭 剤

    Brix 4.82%
    消臭剤は使用方法:直射型・揮発型・吸着型、効果:分解型・マスキング型・芳香型、 成分:バイオ型(酵素やバクテリア)・素材型(炭やセラミック)・ケミカル型(化学反応)に分類。
  • シャンプー

    シャンプー

    Brix 16.60%
    一般に合成シャンプーは中性だが、石鹸シャンプーはアルカリ性である。 頭髪は弱酸性であり、そのため弱酸性のクエン酸等の物質でリンスを行い、液性を中和する。