環七ラーメン「てらっちょ」 様

ラーメンが大好きな代表取締役、寺田一博さんが経営するお店は、我孫子店、水戸店の2店舗です。
我孫子なのに「環七ラーメン」とあり不思議な店舗名ですが、 こちらは、環七にあった伝説のラーメン店「土佐っ子ラーメン」より暖簾分けをしてもらったことから名づけたそうです。
多店舗経営をするに当たり、Brix計を導入して頂きました。

「てらっちょ」さんとの出会い

寺田さんとの出会いは、「デモ器で測定した結果、値がばらつく」という問い合わせからでした。
「てらっちょ」さんのラーメンは、なんといっても背脂が特長で、一度食べたら忘れられないほど濃厚です。
しかし、この「濃厚さ」が、大きな問題をもたらしていました。白濁して数値が読めなかったのです。
濃厚なスープに対し、光の屈折を原理とするBrix計では、境界線がぼやけ、測定結果が安定しなかったのです。

我孫子店 特性ラーメン

その後、いくつかデモ器を試して頂いたものの、どれも上手く測定できませんでしたが、寺田さんはあきらめませんでした。
「もう他に無いの?」と言う寺田さんに、 試したことはありませんが・・・という条件つきで、「ごはん水分チェッカーG-50」をデモさせて頂きました。こちらは、ご飯のBrixを測定し、100から引いて水分量に換算する屈折計で、白いサンプルに対して比較的測定が安定している製品です。この”G-50”で、なんとか安定して測定できるようになり、導入決定して頂きました。

G-50の目盛 G-50 我孫子店で活用して頂いている”G-50”。ラーメンαの目盛 MASTER-ラーメンα シンプルなスープには、”MASTER-ラーメンα”を活用して頂いております。

なぜBrix計を活用されるのですか?

1店舗の時は特に必要ありませんでしたが、多店舗を経営するには必要だったのです。この味を伝えるのは難しいですから。

我孫子店の加藤秀行さんに伺いました。

何人くらいでスープを作るのですか?

我孫子店は、7~8人位が担当します。お店に出ていない時も、色とBrixを聞けば、電話でアドバイスができます。自分が仕込む時は、感覚でBrixが分かるようになってきました。 Brix計という指針があるから、覚えられたのだと思います。

どのタイミングで測定するのですか?

スープを煮込む最終段階で測定します。ここで10~11%となるようしてから冷凍させ、前日の分と混ぜて翌日使います。また開店直前やシフトによる担当の交代、 スープの仕込み日の違うものを出した時と、変化の可能性がある時にも必ず測定します。

こだわりはどんなところですか?

味はほんの少しの変化で変わってしまいます。 この店舗の味はここでしかだせませんので、他の経営店舗は全く別の味にしています。
材料も全く同じ物はなく、煮込む時の気温など環境も異なる中で、この店舗の味も同じ味を作り続ける事は難しい。だからこそこだわっています。
また、お客様の好みに合わせるため、麺の固さ・背脂の量・味の濃さなどもお選び頂けるようにしています。

写真撮影の後、試食させていただきました。

背脂たっぷりラーメン。
特性のチャーシューは、どんぶりをはみ出すほどの大きさ。
麺は太麺、替え玉は極細麺を使用。
癖になる上手さ。この味は、忘れられません!
こだわりのラーメンを美味しくいただきました。ぜひ、足を運んで頂きたい、情熱が伝わってく るラーメン店です。

寺田さんからのメッセージ

土佐っ子の味は、あの場所(環七)でなければ出せない。同じ味が出せないから、「てらっちょという味」を作りました。地域性も考えて水戸店は味噌ラーメンにしました。ここ我孫子店のある道沿いは、人気のファミレス店を始め外食の激戦区でラーメン店も多い土地柄です。多店舗に出店するなら、地域一番の繁盛店にしないといけません。 そのためには、Brix計が必要で、数値の管理による味の維持にこだわっています。

店舗情報

【我孫子店】
こってり背脂 環七ラーメン てらっちょ
<住所>
千葉県我孫子市寿2-25-30 大塚マンション105
<営業時間>
(平日)11:00~15:00 18:00~3:00
(土日祝)11:00~3:00
<定休日>
毎月第一月曜日

【水戸店】
江戸味噌ラーメン二代目てらッちょ
<住所>
茨城県水戸市吉沼町709-2
<営業時間>
11:00~14:30  18:00~22:00
<定休日>
無休

我孫子店 期間限定 味噌次郎