ATAGO CO.,LTD.

  • お問い合わせ
  • ショッピングカート購 入

社員の声

社員の声

  • 開発部 課長
    鳥越 義明
  • 開発部 課長
    田中 政之介
  • 営業部 主任
    川井 亮
  • カスタマーサービス課 藤井春香
    カスタマーサービス課
    藤井 春香
  • 開発調査部 福田夏実
    開発調査部
    福田 夏実
  • 総務部 神尾美羽
    総務部
    神尾 美羽
  • 総務部 吉野莉奈
    総務部
    吉野 莉奈
  • 修理校正部
    山田 裕和
  • 工場統括部
    部長 若原 浩
  • 製造2部
    課長 山本 歩
  • 製造1部 機械課
    係長 鈴木 一成
  • 製造2部
    前嶋 加奈英

製品として完成した
時は最高の達成感

開発部

課長 鳥越 義明

私の仕事

My role

私は製品の開発業務を行っています。 製品の企画段階から参入し、製品設計、試作評価、工場への生産移管まで、製品として完成されるまでの業務に携わっております。

醍醐味・やりがい

Real thrill

製品を作っていく上で、様々な難題にぶつかる事ばかりですが、試行錯誤しながら最後に製品として完成した時は最高の達成感です。 メディアで取り上げられたり、ユーザー様から評価された時は最高の喜びで開発冥利に尽きます。 日頃の業務で注意している事はスピード感と情報収集です。 ユーザー様が必要と思っている時に製品が提供できないと売り上げにも繋がりません。 その為に常にスピード感を意識して開発を行っています。 そして開発を行う上で常に最新技術の情報収集を行い、新製品に盛り込んでいけないか、精査しております。

会社の雰囲気

company

現在の芝公園フロントタワーでは、1フロアに全部署が揃い、座席も混在させて業務を行っています。 その為、他部署の業務もよく分かり、部署間をこえた問題はすぐ相談する事が出来ます。 この様に常にコミュニケーションをとれる環境にある事でみんなで助け合って製品を作っていける会社だと思います。

常に貪欲にチャレンジ
することが大切

開発部

課長 田中 政之介

私の仕事

My role

私は製品の開発業務に携わっています。 主に光を用いた新規製品の開発を行っており、実験を通して計測原理の検証を行っています。 またCADツールを用いた光学系や内部機構の設計、筐体(きょうたい)設計、製品に使用する部品の選定などを行っています。 さらに製品立ち上げの際には、製造部門への量産移行なども行います。

醍醐味・やりがい

Real thrill

開発業務において、製品技術は開発過程の中で日々徐々に向上していくというわけではなく、ある瞬間に飛躍的にステップアップする場合がほとんどです。 以前私は、液晶の駆動方法の検討を行っていたことがありますが、液晶を扱い始めた当初はなかなか思い通りに動作させることができず、四苦八苦していました。 しかしある時、試行錯誤の末にある条件にて液晶を動作させたところ飛躍的に特性が改善される結果が得られました。 その瞬間、これはお客さんにも喜んでもらえる製品につながる!と強い喜びを感じたのを覚えています。 そういったステップアップの瞬間を得るのが開発という仕事の醍醐味だと感じています。 開発の仕事の中では様々な課題が生じますが、新しい製品を実現させるためには、必ずそれを解決できると強く信じ、常に貪欲にチャレンジすることが大切だと思っています。

会社の雰囲気

company

アタゴは部署間の距離がとても近い会社だと感じています。 製品開発で試作を行う必要がある場合には工場に製作をお願いしたり、新規製品の立ち上げの際には部品購入に資材担当の協力が必要だったり、製造部で量産体制を整えてもらったり、製品の品質評価を依頼したりしなければならないなど、業務の中で他部署に協力をお願いしなければならないことが非常にたくさんあります。 そんな時はどの部署の方も非常に快く積極的に応じてくれますし、時には綿密な相談の機会を作ってもらったりしています。 アタゴにおいて他部署との関わり合いは、業務を依頼する関係というよりも、業務をともに共有する関係、という印象が強いです。

成功したこと失敗したことを
部署内で共有化する

営業部

主任 川井 亮

私の仕事

My role

営業部 販売促進課に所属しております。 製品の拡販、市場が求めている製品の情報収集、展示会への出展、商社への製品講習会などを行なっています。

醍醐味・やりがい

Real thrill

アタゴ製品は糖度計としてテレビに取り上げて頂くことも多くあるため、食品分野でしか扱われていないと思われがちですが、糖度計の他に濃度計、粘度計、塩分計、旋光計、尿比重計など分野別に多数の製品があります。ですので、取引先などにそういった先入観を取り除いてもらうよう注意してます。 また、自分が営業において成功したこと失敗したことを部署内で共有化するように心がけています。

会社の雰囲気

company

アタゴという会社の席位置は驚くことにバラバラです。 本社には営業部、開発部、マーケティング部、メディア部、他多数の部署があります。 部署が纏まって座っているのではなく、前、横、後と他部署の方が座っています。そのためのコミュニケーションがとりやすく他部署間での情報確認がとても行ないやすい雰囲気です。 本社以外も関西支店・九州支店があり、情報交換を行なうことによって、他県の工場情報を共有化し、水平展開を行なってます。 私は野球部に所属してます。総勢20名で年に2回、軽井沢で合宿を行ってます。スポーツをすることで、より良い関係性が築きあげられていると感じます。

スピードを求めつつ
ミスなく進める

カスタマーサービス課

藤井 春香

私の仕事

My role

営業部カスタマーサービス課に所属し、営業事務に携わっています。
見積書・請求書の作成や受注業務に始まり、在庫や納期の問い合わせ、お客様からの製品に関する問い合わせ等の電話対応をしています。
お客様とお電話で接する機会がとても多く、事務だけではなく「人と接する仕事」である面を強く感じています。

醍醐味・やりがい

Real thrill

アタゴの製品は糖度計から塩分計・粘度計と多岐に渡り、また幅広い分野で使われているため日々様々な質問のお電話を頂きます。製品自体に加えて実際に使われる環境、測定サンプルについても日々勉強してお客様からの質問に的確に答えることを目指しています。対面とは異なり、電話ならではの難しさも感じますが、よりお客様に伝わりやすく話せるように日々心掛けています。
また、事務作業においてはスピードを求めつつミスなく進められるよう取り組んでいます。

会社の雰囲気

company

部門間を超えた繋がりが強いと感じます。
一フロアに全ての部署の席が混在しているため、自然と話す機会が生まれ、また、イベントでは日頃顔を合わせることが少ない工場の方と交流する機会もあります。こういった環境が日ごろのコミュニケーションに繋がり、仕事上での連携の取りやすさに繋がっていると感じています。

電話でお客様を
待たせないこと

開発調査部

福田 夏実

私の仕事

My role

開発調査部という部署で、製品の販促方法を考えたり、 製品の仕様書を改訂したりしています。
電話やメールでお客様のお問い合わせにお答えしたり、珍しいサンプルを測定しているお客様に質問させていただいたりとお客様と関わることも多いです。

醍醐味・やりがい

Real thrill

注意していることは、電話でお客様を待たせないことです。
入社当初はお問い合わせに対して即答できないことが多く、お客様を長くお待たせしてしまったことがあったので、時間がかかりそうであれば折り返しご連絡するようにしています

会社の雰囲気

company

雰囲気が穏やかな方が多いと思います。
わからないことがあって質問をすると皆さん優しく教えてくださいます。

「広く、浅く」ではなく
「広く、深く」を意識

総務部

神尾 美羽

私の仕事

My role

経理・総務業務をしています。
主な仕事内容はお金の流れを管理し、売上・入出金確認、経費精算、総務業務として社内清掃や社内書類整備などを行っています。

醍醐味・やりがい

Real thrill

総務部は各部署のサポート的存在でもあり、社員の皆さんが働きやすい環境を作れるよう、「広く、浅く」ではなく、「広く、深く」業務に携わっていることを日頃から意識するよう心がけています。
また、会社のお金を管理する唯一の部署なので、扱う金額が大きければ、わずかなミスが大きな損害につながってしまうこともあります。そのため、求められるのは1円の誤差も出さない正確さです。習慣化している業務でも気を抜かないよう取り組んでいます。
業務によっては大まかに日々、1ヶ月ごと、1年ごとと決まっており、基本的には同じことを繰り返す淡々とした業務サイクルかと捉えがちですが、そこから業務効率化を目指しスムーズな仕事が実現したときは、達成感を感じました。

会社の雰囲気

company

他部署との壁がなく、距離感が近いことで情報共有もすぐにできる会社だと思います。
クラブ活動や社内のイベントなどもあり、仕事上ではあまり関わりの少ない他部署の方ともコミュニケーションをとれる機会が多くあるので、社員の皆さんがより良い関係性を持つことができると思います。

正確性を重視しつつ、
臨機応変に対応していく

総務部

吉野 莉奈

私の仕事

My role

総務部に所属しており、主に総務・経理の仕事を担当しています。
経理では数字やお金に関する業務、総務では書類等の作成から社内美化等様々な業務に取り組んでいます。

醍醐味・やりがい

Real thrill

まず経理業務ですが、お金や数字に関係するものがほとんどなので、常に正確性を重視しています。
総務の仕事ではたくさんの業務があり、それぞれに臨機応変に対応していくことが大切だと思っています。そのため、1つの業務を様々な業務に結び付けて考えたり、それぞれを深く理解するよう気を付けています。
業務の内容はとても幅が広く、大変だと感じる時もありますが、その分とてもやりがいがあり、やり遂げた時の達成感は大きいものだと感じています。
また私は、普段総務の部屋にいることが多いのですが、少しの時間でも皆さんとコミュニケーションをとれるよう、廊下やフロアですれ違った際などに挨拶を欠かさないよう心がけています。

会社の雰囲気

company

様々な社内イベントがあり、本社の皆さんや、工場の皆さんとコミュニケーションをとれるきっかけが多くあると感じました。そこでお話したことを業務に生かせることもあるので、親睦を深める機会であるとともに、大事な意見交換の場でもあると思っています。
たくさんの意見を聞き、社員の皆さんが働きやすい環境を作れるよう心がけていきたいです。

各職場の垣根を超え情報を発信し、
共有化に努める事

修理校正部

山田 裕和

私の仕事

My role

私の仕事はお客様がご使用されている製品に、万が一不具合が起きてしまった時のサポートが主な仕事です。 修理品をお預かりし、いち早く原因を究明しお客さまに説明を差し上げた後、修理を実施致します。 同じ内容の修理があった際は、工場内に情報発信し、製品品質の向上や開発製品の改良点につながる役割を担っています。

醍醐味・やりがい

Real thrill

仕事で印象に残っていることは、製品の故障原因を自分でつきとめたことです。 過去に生産され、今は生産中止になっている製品でも修理サポートを行う場合があります。 過去に作られた製品に触れ、今と昔の製品を見比べて、今の製品がどのように改良されているのかを知ることは、修理を行う上で知識を得られる魅力になっています。 私の仕事の中で一番力を入れている事は、しっかり原因を特定し真因をつきとめ、頻繁に発生する故障内容をデータにまとめ、各職場の垣根を超え情報を発信し、共有化に努める事です。 これにより、製品の改善や改良、品質向上につながれば良いと考えています。

会社の雰囲気

company

深谷工場内は壁でセパレートされておらず、他部署の人と顔を合わせながら仕事をしています。 人の顔をがよく見える事で、気軽にコミュニケーションが取れ明るい職場環境になっております。 社内の食堂は決められた席はなく、くじ引きで決められます。仕事の中であまり顔を合わせない部署の方ともコミュニケーションを取ることができ、色々な発見があります。 この様な環境だからこそ、困った時にはお互いに手を差し伸べる事ができる、良い関係性を持った職場になっていると感じています。

部員の得意分野を
伸ばしたい

工場統括部 部長

若原 浩

私の仕事

My role

新製品などの妥当性評価、製品の検査や校正に関する業務、測定器の校正及び管理、ISO事務局、さらなる品質向上に向けた各種改善、など品質保証に関する業務を担当しています。 その中で、お客様からどんなニーズが出てくるか予測することも重要です。良い緊張感を持って業務に取り組めるため、時間の経過がとても早く感じます。

醍醐味・やりがい

Real thrill

PAL-SALTなど新しい塩分計発売までの取り組みは、強く印象に残っています。 難題解決に向け部門を越えて協力し、苦労の末に自信を持ってお客様に勧められる製品が完成したことは、大きな達成感にもなりました。 お客様に喜んで頂ける製品を世に出すには、たとえ困難な状況でも安易に妥協せず粘り強く取り組むしかありません。 そんな時、見落とした問題点や斬新な発想などを引き出すためにも、考えを積極的に発言したくなるような職場の雰囲気作りを大切にしています。また、部員の得意分野を伸ばす過程で、積み上がる実績が達成感に繋がるよう心がけています。

会社の雰囲気

company

お客様のニーズに応えるため、厳しい現実と向き合う時もあります。
そんな時こそ互いを認め合い、部門を越えて連携し乗り越える風土を感じます。部門間の垣根が低く親身に対応いただける事も、品質保証業務に取り組む上で大変ありがたく感じます。ほっと一息つく時、工場では荒川を臨む素晴らしい景色が楽しめます。 一番好きなのは新緑の季節ですが、冬には白鳥観察も楽しみにしています。
スポーツへの理解も魅力の一つで、クラブ活動などを通じた交流は、業務での連携に繋がっています。

製品への理解を深める事は
作業効率のアップ

製造2部

課長 山本 歩

私の仕事

My role

私の所属している製造2部は、アタゴが製造販売している製品の組立を行っています。 主に携わっているのは、手持屈折計で色々な部品を取付けて真心を込めて作っています。

醍醐味・やりがい

Real thrill

手持屈折計は主力製品のため、年間沢山の方々に使用して頂いています。作業の習熟・時間の短縮が常に求められる仕事です。 今までの経験で培った改善が発揮でき、すぐ効果も見えるためやりがいを日々感じています。 製造2部に所属している事で、製品への理解を深める事はもちろん作業効率のアップ、出来高向上に繋がる事を考えながら仕事に取り組むよう心がけています。

会社の雰囲気

company

入社3年目になりますが、少数精鋭という印象で技術を持った方が多く自分にない技術を得られ非常に勉強になります。 雰囲気は、アットホームで社員に限らず仲が良く協力体制の整った職場だと思います。

常にスピード感を持ち、
何事にもチャレンジ

製造1部 機械課

係長 鈴木 一成

私の仕事

My role

私の所属している製造1部機械課では、アタゴ製品に使用されている部品や開発製品の試作、治工具等の機械部品をNC旋盤、マシニングセンタなどを使用し加工を行っています。 主に携わっている仕事は、NC旋盤を使用しての機械加工です。指定された図面の形状に加工する為、刃具を選定し、その刃具を考えた通りに動かす為の加工プログラム作成、そして機械段取りから加工、検査等、材料から様々な形状に加工していく一連の作業をしています。また、更なる生産性向上に向けた改善活動なども行っています。

醍醐味・やりがい

Real thrill

開発製品の試作部品では、加工が大変な材質や形状等、様々な難題にぶつかることがあります。 机上で最善の加工プログラムを作成し、いざ機械に向かい、段取り、加工を行う。うまく行かない。ここで機械と向き合いながら五感をきかせ、経験値をフル活用し、試行錯誤を行う。やっと納得したものが出来る。こんな時は苦労に見合った最高の達成感、新たな経験を得られます。 そして、自分で加工したものが製品に組み込まれ、機能しているのを見るのも大きな喜びです。 品質はもちろんのこと、生産性向上に向けての取り組みなど、常にスピード感を持ち、何事にもチャレンジし、向上心を持ち続けることを心掛けています。

会社の雰囲気

company

工場内は色が統一され、さらに機械設備も同色に塗装され、一見、機械加工の作業場とは見えません。そのおかげで、気持ちが落ち着き、仕事に集中することが出来る環境です。 また、部署間の距離が近く、皆協力的な為、疑問に思ったこともすぐに相談することが出来る雰囲気であることも大きな強みです。 クラブ活動や昼食時、又はイベントなど、他部署の人達との交流の場がある事も、仕事のし易さに繋がっていると感じます。

日々の作業では
改善を意識

製造2部

リーダー 前嶋 加奈英

私の仕事

My role

製造2部 2チーム・4チームのリーダーを担当しており、日々の進捗管理を行っています。
また、Palette・PAL-光センサーの製造にも携わっております。

醍醐味・やりがい

Real thrill

担当している製品を製造しながら、リーダー業務を行っている為手が離れる事が多く品質に関して抜けがないよう、部品の員数確認・指差し確認などしっかり行っています。製造2部では、生産効率を上げる為、多能工を行っていますが、誰がどの製品を作っても同じ品質・同じ作業効率で生産が出来る様日々の作業では改善を意識し、仕事を行っています。
また、製造2部以外でも機械課・光学課・実装課・成型課などがあり、自社で作成している部品が多く、製造現場での不具合対応、部品の修正、治具依頼など迅速に行える事はとても強みだと感じています。

会社の雰囲気

company

リーダー業務を通じて、製造2部のメンバーや他部署の人達とのコニュニケーションを多く取るようになり、何でも言い合える、助け合える仲間となりました。
常に『品質第一』『お客様に喜んでもらえるモノづくり』を目指してこれからも頑張ります。