日本語_言語選択アイコン
アタゴショップヘ
お問い合わせ

JCSS校正

JCSS校正

JCSS校正
【屈折率標準液 固体屈折率標準 屈折率計】

株式会社アタゴは日本で初めて、屈折率標準液等のJCSS校正事業者として、2010年11月に独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)認定センター(IA Japan)から認定され登録を取得しています。 固体屈折率標準においては、平成23年4月に国際MRA対応の認定を受けています。 2011年3月1日より、JCSS校正事業をスタート。

登録番号0267
事業所の名称株式会社アタゴ 深谷工場
所在地埼玉県深谷市小前田513-1
登録に係る区分密度・屈折率
登録に係る区分における
初回認定年月日又は
初回登録年月日
平成22年11月22日
校正手法の区分の呼称屈折率標準液等 / 屈折率計
恒久的施設で行う校正 /
現地校正の別
恒久的施設で行う校正

JCSS校正及びMRAについて

JCSS(Japan Calibration Service System)とは、計量法関連法規及びISO/IEC17025の要求事項に基づいて特定の試験・校正を行う能力がある校正事業者を登録する制度です。校正事業者が登録された範囲の校正を実施した時は、JCSSロゴマーク付き校正証明書(JCSS校正証明書)を発行することができます。

このJCSSロゴマーク付き証明書(JCSS校正証明書)は、国家計量標準につながる(=トレーサブルである)証明になります。JCSSは、信頼性のある計測の国家計量標準へのトレーサビリティを確保することで、様々な試験・校正結果の信頼性を根幹から支えるという非常に重要な役割を担っています。

MRA(Mutual Recognition Arrangement)とは多国間の相互承認のことです。MRA対応のJCSSは国際的な基準への適合が評価されています。具体的には、APLAC(アジア太平洋試験所認定協力機構)、ILAC(国際試験所認定協力機構)の相互承認協定へつながっており、校正結果はAPLAC/ILACのMRAを通じて国際的に受け入れ可能です。

独立行政法人製品評価技術基盤機構
JCSSページはこちらから

トレーサビリティ体系

その機器が測量や測定をする上で誤りがないかを確認、測定する事を校正と言います。
jcssの制度は日本だけの基準ではなく国際的な校正基準を満たしている事業者を登録する制度な為、jcss校正は国際的に信用されるものになります。

グローバル化が進む現在では、国内だけでなく世界各国を相手として取引が行われる為、世界基準のjcss校正が必要となります。jcss校正はそんな世界基準の審査で登録されていますので、国内のみでなく世界各国での取引であっても品質の証明ができます。

トレーサビリティ体系
トレーサビリティ体系

JCSS校正証明書(見本)

>屈折率標準液[ショ糖液]

屈折率標準液[ショ糖液]
(屈折率・Brix%を併記)

屈折率標準液[試薬]

屈折率標準液[試薬]
(屈折率)

固体屈折率標準

固体屈折率標準
(屈折率)

[ポケット糖度濃度計]

屈折率計
[ポケット糖度濃度計]
(屈折率・Brix%を併記)

[手持屈折計]

屈折率計
[手持屈折計]
(屈折率・Brix%を併記)

JCSSの校正証明書では、測定値の信頼性を「不確かさ(Uncertainty)」で表記します。 測定に際し、さまざまな誤差の成分(計測者が知り得る限りのあらゆる誤差の成分)を積み重ねて算出されます。

つまり測定値のあいまいさを示します。弊社の校正証明書の表記は拡張不確かさと呼ばれ、95%の信頼性(拡張係数k=2)で、真値に対して「±不確かさ値」の範囲に入ることを表します。

アタゴが実施するJCSS校正の内容

屈折率計[ポケット糖度濃度計](非MRA)

  • JCSS校正証明書付き (屈折率・Brix%を併記)
  • 屈折率計の校正には屈折率標準液[ショ糖液Brix%換算表示]を使用しています。
    ご購入後の再校正も承ります。
カタログ番号 品名 屈折率 Brix%換算 拡張 不確かさ(k=2)
屈折率 Brix%換算
3810 PAL-1 1.3478 10.0 0.0003 0.2
1.381 30.0
1.4201 50.0 0.0004

温度20.0℃ 波長589.3nm

PAL-1

屈折率計[手持屈折計](非MRA)

  • JCSS校正証明書付き (屈折率・Brix%を併記)
  • 屈折率計の校正には屈折率標準液[ショ糖液Brix%換算表示]を使用しています。
    ご購入後の再校正も承ります。
カタログ番号 品名 屈折率
Brix%換算
拡張 不確かさ(k=2)
屈折率 Brix%換算
2351 MASTER-53α 1.3478 10.0 0.0004 0.3
1.3811 30.0
1.4201 50.0 0.0005
2352 MASTER-53T 1.3478 10.0 0.0004 0.3
1.3811 30.0
1.4201 50.0 0.0005

温度20.0℃ 波長589.3nm

屈折率計[手持屈折計](非MRA)

屈折率標準液[ショ糖液 Brix%換算表示](非MRA)

  • JCSS校正証明書付き (屈折率・Brix%を併記)
  • 容量:約5ml
  • 有効期限:未開封状態で製造日から10日間
部品番号 品名 屈折率
※1
Brix%換算
※2
拡張 不確かさ(k=2)
屈折率 Brix%換算
RE-117010 JCSS校正
ショ糖液10%
1.3478 10.0 0.00003 0.02
RE-117020 JCSS校正
ショ糖液20%
1.3638 20.0
RE-117030 JCSS校正
ショ糖液30%
1.3811 30.0
RE-117040 JCSS校正
ショ糖液40%
1.3999 40.0
RE-117050 JCSS校正
ショ糖液50%
1.4201 50.0

温度20.00℃ 波長589.3nm

屈折率標準液[ショ糖液 Brix%換算表示](非MRA)

屈折率標準液[試薬] ※3(非MRA)

  • JCSS校正証明書付き
  • 容量:約7ml
  • 有効期限:校正日から60日間
部品番号 品名 試薬名 屈折率
※1
拡張
不確かさ
(k=2)
RE-99730 JCSS校正
標準液
屈折率 1.426
シクロ
ヘキサン
1.426 0.00007
RE-99731 JCSS校正
標準液
屈折率 1.496
エチル
ベンゼン
1.496
RE-99732 JCSS校正
標準液
屈折率 1.563
ジベンジル
エーテル
1.563 0.00006
RE-99733 JCSS校正
標準液
屈折率 1.658
1-ブロモ
ナフタレン
1.658

温度20.00℃ 波長589.3nm

屈折率標準液[試薬]

固体屈折率標準[ガラステストピース](MRA対応)

  • JCSS校正証明書付き。
    ご購入後の再校正も承ります。再校正の不確かさは0.00010になります。
部品番号 品名 屈折率
※1
拡張
不確かさ
(k=2)
RE-99711 JCSS校正 固体標準 屈折率 1.52 1.52 0.00002
RE-99712 JCSS校正 固体標準 屈折率 1.62 1.62

温度20.00℃ 波長589.3nm

固体屈折率標準[ガラステストピース](MRA対応)
  • ※1 : 校正証明書は屈折率小数5桁で表記。
  • ※2 : 校正証明書はBrix%換算小数2桁で表記。
  • ※3 : 有機系液体につき樹脂を侵すおそれがありますので、MASTER-RI,PAL-RI,PAL-BX/RI,PR-RIの校正に用いることは適しません。

お問い合わせ先

株式会社アタゴ 品質保証部 JCSS係
〒369-1246 埼玉県深谷市小前田513-1
TEL:048-579-1940 FAX:048-579-1945
E-mail jcss@atago.net