ATAGO CO.,LTD.

  • お問い合わせ
  • ショッピングカート購 入

アタゴ小史

アタゴ小史

時事
1940 (昭和15年) 9 会長雨宮喜平治は東京都豊島区池袋に「雨宮精器製作所」を設立、アッベ屈折計、デュボスク比色計、分光器などの製造販売を開始。
1951 (昭和26年) 9 東京都文京区湯島に営業所を建築し池袋を閉鎖、工場を埼玉県大里郡寄居町に置く。
1953 (昭和28年) 4 「手持屈折計」を開発。(現在の代表製品のひとつに成長。)
1956 (昭和31年) 4 手持屈折計の品質確立とともに輸出を計画、海外向けPRを開始。
11 寄居町藤田に、寄居工場を建設、機械設備を増強する。会社を法人組織とし、社名を「株式会社アタゴ光学器械製作所」と改称。
1957 (昭和32年) 4 新型アッベ屈折計を開発。("屈折計=アタゴ"の基盤を確立)
1960 (昭和35年) 2 「デンシトメーター」を開発。
4 本店所在地 東京都文京区湯島新花町24に移転。
1964 (昭和39年) 4 埼玉県より標準工場の指定。
1967 (昭和42年) 2 寄居工場無災害100万時間到達。
8 I.Cを用いたデンシトメーター「クイック」を開発。
1968 (昭和43年) 6 東京都板橋区本町32-10に研究所を開設。
1969 (昭和44年) 6 東京都計量協会会長賞を受賞。
12 日本銀行貿易適格審査に合格。
1970 (昭和45年) 6 輸出貢献企業として認定。
1971 (昭和46年) 4 寄居工場に新工場(760㎡)を建設。
5 プロセス屈折計を開発。
10 視野が明るく見やすい「手持屈折計N1」を開発。
1974 (昭和49年) 9 寄居工場無災害200万時間到達。
1975 (昭和50年) 11 東京都板橋区本町32-10にビルを建設。東京都文京区湯島を閉鎖。社名を「株式会社アタゴ」と改称。[本店所在地] 東京都板橋区本町32-10
1976 (昭和51年) 8 世界初の「デジタル屈折計DBX-25」を開発。
10 車両エンジン用フルード の分野へ屈折計進出。
10 光学測定器の発明考案により東京都科学技術功労表彰を受賞。
1977 (昭和52年) 10 高松宮殿下が寄居工場をご台覧。
11 福田内閣総理大臣より光学測定器の開発・製造・努力を評され、「黄綬褒賞」を受賞。
1978 (昭和53年) 4 中小企業庁より合理化モデル工場の指定。
1979 (昭和54年) 6 「デジタル屈折計DBX-50」を開発。
1980 (昭和55年) 5 創立40周年記念式典を敢行。
1981 (昭和56年) 6 「デジタル屈折計(RXシリーズ)」を開発。
1983 (昭和58年) 10 「プロセス屈折計PRM-100」を開発。
1984 (昭和59年) 1 中小企業研究センター賞(グッドカンパニー大賞・関東地区表彰)を受賞。
4 日本国天皇より雨宮喜平治、勲五等(瑞寶章)を受賞。
5 寄居工場に新工場社屋(1000㎡)を建設。
1985 (昭和60年) 8 寄居工場の無災害記録300万時間を達成。
9 取締役会長雨宮喜平冶、取締役社長雨宮重夫それぞれ就任。
1986 (昭和61年) 2 世界最小「デジタル糖度計PR-1」を開発。
3 「デジタル屈折計(QR)」を開発。
1987 (昭和62年) 4 ソフトコンタクトレンズ用含水率計(CLシリーズ)を開発。
6 デジタル式濃度モニターCM-550を開発。
8 畑 和 埼玉県知事が寄居工場を視察。
1988 (昭和63年) 10 デジタル糖度計PR-1が「グッドデザイン賞」を受賞。
1990 (平成2年) 6 完全防水式「手持屈折計P-1」を開発。
12 創立50周年を記念して、寄居町へ総合体育館(5億円)を寄贈。
1991 (平成3年) 3 中小企業庁、合理化診断優良企業、長官表彰受賞。
6 防滴構造で小型の「デジタル糖度計パレットシリーズ」を開発。
1993 (平成5年) 6 世界初、固体測定が出来る「デジタル屈折計RX-2000」を開発。
8 「デジタル塩分計ES-421」を開発。
8 「デジタル示差濃度計DD-7」を開発。
1994 (平成6年) 1 取締役会長に雨宮かずゑが就任。
1995 (平成7年) 8 「デジタル屈折計RX-5000」を開発。
8 「デジタルアッベ屈折計DR-A1」を開発。
屈折計・Brixがデジタル表示に。
1997 (平成9年) 6 「都市型工業大賞グランプリ」を受賞。
7 「プロセス屈折計PRM-2000」を開発。
飲料向け高精度のインライン屈折計として普及。
1998 (平成10年) 1 ISO-9001品質システムの審査登録を完了。
6 「多波長アッベ屈折計DR-M2」を開発。
2000 (平成12年) 6 「濃度モニターCM-780」を開発。
コンパクトなインライン濃度計として普及。
7 海外代理店に技術サービス拠点を確立。
10 恒温機能を内蔵した「デジタル屈折計RX-5000α」を開発。
12 専務取締役に雨宮秀行が就任。
2001 (平成13年) 3 「彩の国さいたま工業製品グランプリ」受賞。
8 米国支社「ATAGO U.S.A Inc.」を設立。
2002 (平成14年) 5 板橋税務署から優良申告法人の表敬を受ける。
10 KES「京都環境マネジメントシステム」登録審査。
12 「デジタル糖度計SMART-1」を開発。
Brixに加え、異性化糖や転化糖の濃度目盛の搭載。
2003 (平成15年) 3 「自動旋光計AP-100」を開発。
4 「ポケット糖度計 PAL-1」 発表。 世界最小サイズと防水性が大きな特徴。
5 のロゴマークを商標登録し、ブランドイメージを向上。
6 アタゴ本社社屋のリモデリングを行い、25年程ぶりに一新。
8 PAL-1 「グッドデザイン 特別賞」を受賞
9 東京MXテレビ「快傑リトルガリバー」にて、アタゴの会社特集が放映。
10 板橋区より「板橋製品技術・最優秀大賞」を自動旋光計 AP-100にて受賞。
2004 (平成16年) 5 「近赤外光 水分・濃度PMM-1000」を開発。
5 東京MXテレビ「快傑リトルガリバー」の番組総集編にてアタゴが放映。
6 無災害記録500万時間を達成。
9 事業規模拡大のため米国支社「ATAGO U.S.A Inc.」を移転。
10 「ポケット糖度計PALシリーズ」として約80種類の目盛を発表。
10 PAL-1「東京都ベンチャー技術大賞 優秀賞」を受賞。
2005 (平成17年) 2 インド支社(販売社)「ATAGO INDIA Instruments Pvt.Ltd.」を設立。
7 「自動温度補正・防水機能付手持屈折計 MASTER-α」を開発
トレードマークを作成。
9 世界最高レベルの高精度「茶・低糖飲料濃度計 RX-007α 」を開発。
9 「ポケット塩分計PAL-ES1」を開発
電気伝導度方式の塩分計がポケットモデルに。
10 東京商工会議所「第3回勇気ある経営大賞 優秀賞」を受賞。
11 PAL-1「第35回食品産業技術功労賞」を受賞。
12 テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」にて、アタゴの会社特集が放映。
12 事業規模拡大のためインド支社(販売社)「ATAGO INDIA Instruments Pvt.Ltd.」を移転。
2006 (平成18年) 1 創立65周年を記念して、社員旅行(オーストラリア)を実施。
9 取締役会長雨宮重夫、取締役社長雨宮秀行それぞれ就任。
9 「果汁酸度計」を開発
パレットモデル形状で果汁酸度の測定器を市場へ。
10 MASTER 「グッドデザイン 特別賞」を受賞。
11 資本金を9600万円に増資。
11 アタゴのホームページがWeb年鑑2007(日経BP社)に掲載。デザイン力・独自性が評価される。
2007 (平成19年) 2 MASTER 「発明大賞 本賞」を受賞。
3 手持屈折計MASTERシリーズ 出願中の特許が確定、登録。
5 経済産業省より「元気なモノ作り中小企業300社(2007年版)」に選出。
7 献血運動推進を評価され、埼玉県知事から感謝状を授与。
8 「スタンダード & プアーズ社」による「日本SME格付け」において、最高位の『 aaa 』を取得。
11 MASTER 「特許庁長官奨励賞」を受賞。
11 板橋税務署から優良申告法人として2回目の表敬を受諾。
2008 (平成20年) 1 NPO法人さいたま技術士ネットワーク「埼玉県の元気100倍企業40社」に選出。
4 「ペン糖度・濃度計 Pen-1st」を開発
液浸も可能な糖度・濃度計として。
5 国立科学博物館 産業技術史資料センター に弊社の製品が紹介。
5 「ひもの塩分計 FM-1」を開発
ひものや塩蔵鮭に電極を差し込んで測定が可能に。
5 アタゴ基金の設立。
9 「スタンダード & プアーズ社」で最高位 『aaa』 の格付けを2年連続取得。
10 兵庫県神戸市に、『株式会社アタゴ 関西支店』 を開設。
2009 (平成21年) 4 平成21年度「文部科学省 文部科学大臣賞」を受賞。
8 MASTER 「平成21年度 東京トライアル発注認定制度」に認定。
9 「ポケット犬猫尿比重計 PAL-DOG&CAT」を開発
犬猫専用の尿比重測定器として。
10 PAL 「関東経済産業局長賞」を受賞。
11 PEN 「板橋製品技術大賞・優秀賞」を受賞。
11 PEN 「発明協会会長奨励賞」を受賞。
12 タイ販売社 「ATAGO (THAILAND) Co.LTD.」を設立。
2010 (平成22年) 2 ブラジル販売社 「ATAGO BRASIL Ltda.」を設立。
10 イタリア支社 「ATAGO ITALIA s.r.l.」を設立。
11 酸度計 「板橋製品技術大賞・優秀賞」を受賞。
12 「デジタル屈折計 RX-5000i」を開発
タッチパネルを採用。USBメモリ出力等も装備。
2011 (平成23年) 3 JCSS校正事業者として認定され、JCSS校正事業を開始。
3 中国支社 「ATAGO CHINA Guangzhou Co.Ltd.」を設立。
4 「ポケット酸度計 AC-1」を開発
果汁等の酸度測定がポケットモデルで可能に。
5 深谷工場竣工
9 「液浸濃度計 PAN-1」を開発
鍋やタンクのふちに引っ掛けて測定が可能に。
10 アタゴ深谷工場 「グッドデザイン賞」を受賞。
2012 (平成24年) 7 本社所在地 東京都港区芝公園2丁目6番3号芝公園フロントタワー23階に移転。
9 手持屈折計「分析機器・科学機器遺産」 認定。
11 上田 清司 埼玉県知事が深谷工場を視察。
2013 (平成25年) 1 福岡県福岡市に、『株式会社アタゴ 九州支店』 を開設。
6 「濃度モニター CM-BASE」を開発
9cm⌀ × 6cmの超コンパクトなインライン濃度計として。
8 「濃度モニター CM-800α」を開発
コンパクトなインライン濃度計の性能アップ。
8 「自動旋光計 SAC-i」を開発
タッチパネルの高精度な旋光計として。
9 東京都港区の愛宕神社(創建1603年)に賽銭箱を奉納。
10 東京都港区「ワークライフバランス推進企業」認定。
2014 (平成26年) 1 ロシア支社 「ATAGO Rus Ltd.」を設立。
3 経済産業省より「グローバルニッチトップ企業100選」に選出。
3 「スタンダード & プアーズ社」最高位 『aaa』 の格付けを3度連続取得。
3 「ポケットコーヒー濃度計 PAL-COFFEE」を開発
コーヒーの味・品質アップに貢献。
4 「ポケット塩分計 PAL-SALT」を開発
電気伝導度方式のポケット塩分計の性能アップ。
4 「プロセス屈折計 PRM-TANKα」を開発
タンクに直付け可能なプロセス屈折計として。
6 「屈折旋光計 RePo-1」を開発
屈折率(Brix)測定と旋光度測定が1台で可能に。
2015 (平成27年) 2 埼玉県寄居町の愛宕神社に修繕費用を寄付
3 「スタンダード & プアーズ社」最高位 『aaa』 の格付けを4度連続取得。
4 「プロセス屈折計 PRM-2000α」を開発
飲料向け高精度のインライン屈折計をさらに性能アップ。
5 「ポケット糖酸度計 PAL-BX|ACID」を開発
果実などのBrixと酸度が1台で測定可能に。
酸度測定は試薬不要に。
5 「ポケットECメーター PAL-EC」を開発
滴下式の導電率計として。
8 「デジタル粘度計 VISCO」を開発
コンパクトでリーズナブルな価格。
2016 (平成28年) 3 RePoシリーズ「発明大賞 発明功労賞」を受賞
3 「スタンダード & プアーズ社」最高位 『aaa』 の格付けを5度連続取得。
7 東京都港区の増上寺に焼香台を寄付。
7 「油酸化計 DOM-24」を開発
食用油の酸化・劣化測定に。
8 RePoシリーズ「平成28年度 東京トライアル発注認定制度」に認定。
12 「彩の国みどりの基金」へ寄付。
2017 (平成29年) 1 「濃度モニター CM-INTANK」を開発
水面下での使用が可能なインライン濃度計として。
2 「非破壊糖度計 PAL-光センサー」を開発
果実に当てるだけでBrixが測定可能に。
3 「スタンダード & プアーズ社」最高位 『aaa』 の格付けを6度連続取得。
3 「自動炭酸飲料モニター COORe」を開発
炭酸ガス濃度測定とBrix測定を融合。
4 「総本宮 京都 愛宕神社」へ寄付。
8 「福岡 愛宕神社」へ寄付。
10 屈折旋光計 RePoシリーズ 関東地方発明表彰で「関東経済産業局賞」を受賞。
11 カザフスタン支社 「ATAGO Kaz Ltd.」を設立。
11 深谷第二工場 竣工
2018 (平成30年) 2 非破壊糖度計 PAL-光センサー 「渋沢栄一ビジネス大賞 テクノロジー部門 奨励賞」を受賞。
2 「ポータブル旋光計 Po-1」を開発
世界最小の旋光計の登場に。
3 「スタンダード & プアーズ社」最高位 『aaa』 の格付けを7度連続取得。