日本語_言語選択アイコン
アタゴショップヘ
お問い合わせ

お客様の声【ラーメン:一覧】

お客様の声【ラーメン:一覧】

ラーメン

ラーメン 一蘭 様

VISCO

スムーズな製造を可能に

スープ品質管理のため、VISCO™を使用しています。管理方法を感覚値から数値に変更できたことで粘度を一定に保ちスープの口当たりを安定させることができています。
また、軽量・コンパクトで持ち運びも便利なため、製造現場に持ち込み即座に計測できます。
操作も簡単で人を選ばないため、スムーズな製造を可能にしています。


ラーメン Japanese Soba Noodles 蔦 様

PAL

塩ダレは日々進化


店主 大西 祐貴 様

店主の大西祐貴様にお聞きしました。
「ずっと欲しかったアイテムでした。たれの塩分濃度測定によく使っています。 当店では、日々理想とする塩ダレの味を作り開発し続けています。アタゴの塩分計(ラーメン道マイスターセット)はすぐに塩分が測定でき操作も簡単。たれの味を研究するためにずっと欲しかったアイテムです。」
Japanese Soba Noodles 蔦の塩ダレは、日々進化しています!

 

ラーメン 饗 くろ㐂 様

PAL

こだわりの塩と出汁


店主 黒木 直人 様

「塩分計は、くろ㐂の味を作りあげる、必須アイテムのひとつです。」 そうおっしゃる店主の黒木直人様。
くろ㐂がこだわる、塩と出汁。天然の出汁だからこそ、抽出されるエキスや塩分は、いつも同じではありません。抽出される塩分と、そこに加えるこだわりの塩。このバランスを塩分計でしっかり確認しています。
くろ㐂のこだわりが凝縮した塩と出汁に、ラーメン道マイスターセットは役立っています。


ラーメン ソラノイロ 本店 様

PAL

いつもの味を保つ

店主 宮崎 千尋 様
店主 宮崎 千尋 様

パートやアルバイトでも安心チェック!どのような状況でも"いつもの味"を保っています。
当店ではPAL™(PAL™-96S/PAL™-sio)で濃度や塩分管理をしています。操作が簡単で、パートやアルバイトでも一定の味に決まるので、濃度計を使うのは常識と言ってもいいくらいに、なくてはならないツールです。 店主の宮崎千尋様はこってりスープもしっかり管理し、季節に合わせて濃度や塩分を微妙に変えています。


ラーメン 本枯中華そば 魚雷 様

PAL

本枯節を追い鰹

店主 塚田 兼司 様
店主 塚田 兼司 様

こだわりの鰹出汁、その繊細な味を作り続けるために、塩分濃度測定は欠かせません。
当店のスープは、動物系、魚介系を合わせたWスープに、仕上げにサイフォンを使用して本枯節を追い鰹しています。その繊細な味を保つためにアタゴ社の塩分計(PAL™-ES1※後継機種:PAL™-sio)を使用しています。味を数値で確認できるので、、こだわりの味を自信を持ってお客様に提供することができます。
店主 塚田兼司様こだわりの本枯節を引き立たせた繊細なスープの品質を常に保つのに、PAL™-ES1が役立っています。


ラーメン 東池袋 大勝軒 様

PAL

先代の味と心を守る

店長 飯野 敏彦 様
店長 飯野 敏彦 様

「2代目になっても、"先代の味と心"を守り続けるために濃度チェックは必要不可欠です。」
と、おっしゃる店長の飯野敏彦様。
アタゴ社のラーメンスープ濃度計は使いやすく大変便利で、味の目安として簡単に測定ができて、先代の創りだした素材の味を守り続けていく為に、必要不可欠です。
濃度の違うスープもしっかり管理するために、PAL™-96Sは役立っています。


ラーメン らぁめん矢 ロックンビリーS1(スーパーワン) 様

PAL
店主 嶋崎 順一 様
店主 嶋崎 順一 様

PAL™(ラーメン道マイスターセット)は味を生み出したり、おいしさを引き出したりするものでは決してありません。おいしさの調整ができます。


ラーメン らーめん 鉢ノ葦葉 様

PAL
店主 堀 克多 様
店主 堀 克多 様

目指す味を数値化する事で、安定した商品作りをし易くなります。数値がブレた時、その原因は何かを考える事も大切です。
数値化にラーメン道マイスターセットが役立っています。


ラーメン 無鉄砲 本店 様

PAL

コラーゲンたっぷりスープ

店主 赤迫 重之 様
店主 赤迫 重之 様

無鉄砲のとんこつスープは、良質な国内産豚骨と水のみで作ったコラーゲンたっぷりのスープです。
毎日、骨の髄がとけるまで煮込んでスープを作ります。
お客様の顔の見えない通販用品には特に気を使っており、いつものスープができたかどうかを見極める一つの指標として、濃度計と塩分計を使用しています。
長年のノウハウによって培われた職人の感覚を味の指標の大事な部分としながらも、濃度計は脇役として、日々のちょっとした変化点を客観的にみられる点で重宝していますと、店主の赤迫重之さんにおっしゃっていただきました。ラーメン道マイスターセットが指標の一つとして役立っています。


ラーメン カドヤ食堂 総本店 様

PAL

麺にもこだわり

店主 橘 和良 様
店主 橘 和良 様

一手間加えることで季節による素材の変化を読み取ることができます。 3種のスープをそれぞれ測定しています。麺にもこだわりを持っているので、かん水の測定も行なっています。自動温度補正がついているので、温度を気にする必要がありません。
店主の橘和良様のこだわりに、ラーメン道マイスターセットは役立っています。


ラーメン 博多一幸舎 博多本店 様

PAL

博多の味を世界へ!

大将 吉村 幸助 様
大将 吉村 幸助 様

どこで食べても本場の味を提供できます。
本場の味の提供にラーメン道マイスターセットMASTER-ラーメンαが役立っています。


ラーメン 鹿児島ラーメン豚とろ 天文館本店 様

PAL
店主 中里 優士 様
店主 中里 優士 様

豚、鶏、魚介のスープバランスを保つため、
濃度管理は欠かせません。
濃度管理にラーメン道マイスターセット
MASTER-20Mが役立っています。


ラーメン 秀ちゃんラーメン 総本店 様

PAL
店主 河原 秀登 様
店主 河原 秀登

麺に絡まる濃度でとろみのある豚骨スープを
作るために濃度計を使っています。 スープにPAL™-96S
MASTER-ラーメンαが役立っています。


ラーメン 熊本ラーメン黒亭 本店 様

PAL
店主 平林 京子
店主 平林 京子 様

これからも正統派熊本ラーメンの味を守るために
濃度計を使用しています。
味を守るためにラーメン道マイスターセット
MASTER-50Hが役立っています。


ラーメン 青葉 中野本店 様

PAL

変わらぬ味を守る

青葉 中野本店

経験や勘を科学で補うことで"味のブレ"が起きないよう濃度を毎日測定しています。 当店では『変わらぬ味』を守るために「科学的方法」を導入しています。「経験」や「勘」だけでは足りない部分を補うため、アタゴ社のラーメン濃度計使用しています。
どのような熟練された職人でも、その日の体調によって味の「ブレ」が起きてしまうことがあります。常に一定の味を、お客様に提供するために、アタゴ社の濃度計で毎日塩分やスープの濃度をチェックしています。
職人の体調による味のブレが起きないよう、PAL™-ES1(※後継機種:PAL™-sioによる濃度測定は毎日欠かせません。


ラーメン・レストラン・ホテル 環七ラーメン「てらっちょ」 様

MASTER
代表取締役 寺田 一博 様

代表取締役 寺田 一博 様

ラーメンが大好きな代表取締役、寺田一博さんが経営するお店は、我孫子店、水戸店の2店舗です。我孫子なのに「環七ラーメン」とあり不思議な店舗名ですが、こちらは、環七にあった伝説のラーメン店「土佐っ子ラーメン」より暖簾分けをしてもらったことから名づけたそうです。
多店舗経営をするに当たり、Brix計を導入して頂きました。

「てらっちょ」さんとの出会い

寺田さんとの出会いは、「デモ器で測定した結果、値がばらつく」という問い合わせからでした。
「てらっちょ」さんのラーメンは、なんといっても背脂が特長で、一度食べたら忘れられないほど濃厚です。
しかし、この「濃厚さ」が、大きな問題をもたらしていました。白濁して数値が読めなかったのです。
濃厚なスープに対し、光の屈折を原理とするBrix計では、境界線がぼやけ、測定結果が安定しなかったのです。

その後、いくつかデモ器を試して頂いたものの、どれも上手く測定できませんでしたが、寺田さんはあきらめませんでした。
「もう他にないの?」という寺田さんに、試したことはありませんが…という条件つきで、「ごはん水分チェッカーG-50」をデモさせて頂きました。こちらは、ご飯のBrixを測定し、100から引いて水分量に換算する屈折計で、白いサンプルに対して比較的測定が安定している製品です。この"G-50"で、なんとか安定して測定できるようになり、導入決定して頂きました。

我孫子店

我孫子店の加藤秀行さんに伺いました。

我孫子店で活用して頂いている"G-50"の他にも、シンプルなスープには"MASTER-ラーメンα"を活用して頂いております。

QなぜBrixを活用されるのですか?

A1店舗の時には必要ありませんでしたが、多店舗を経営するには必要だったのです。個の味を伝えるのは難しいですから。


Q何人くらいでスープを作るのですか?

A我孫子店は、7~8人位が担当します。お店に出ていない時も、色とBrixを聞けば、電話でアドバイスができます。自分で仕込む時は、感覚でBrixが分かるようになってきました。Brix計という指針があるから、覚えられたのだと思います。


Qどのタイミングで測定するのですか?

Aスープを煮込む最終段階で測定します。ここで10~11%となるようにしてから冷凍させ、前日の分と混ぜて翌日使います。また、開店直前やシフトによる担当の交代、すーぷの仕込み日の違うものを出した時と、変化の可能性がある時にも必ず測定します。


Qこだわりはどんなところですか?

A味はほんの少しの変化で変わってしまいます。この店舗の味はここでしかだせませんので、他の経営店舗は全く別の味にしています。
材料も全く同じものはなく、煮込む時の気温など環境も異なる中で、この店舗の味も同じ味を作り続けることは難しい。だからこそこだわっています。
また、お客様の好みに合わせるため、麺の固さ・背脂の量・味の濃さなどもお選び頂けるようにしています。

試食させていただきました

大きさ。
麺は太麺、替え玉は極細麺を使用。
癖になる美味さ。この味は忘れられません!
こだわりのラーメンを美味しくいただきました。ぜひ、足を運んで頂きたい、情熱が伝わってくるラーメン店です。

寺田さんからのメッセージ

土佐っ子の味は、あの場所(環七)でなければ出せない。同じ味がだせないから、「てらっちょという味」を作りました。地域性も考えて水戸店は味噌ラーメンにしました。ココ我孫子店のある道沿いは、人気のファミレス店を始め外食の激戦区でラーメン店も多い土地柄です。多店舗に出店するなら、地域一番の繁盛店にしないといけません。そのためには、Brix計が必要で、数値の管理による味の維持にこだわっています。

【我孫子店】こってり背脂 環七ラーメン てらっちょ

【水戸店】江戸味噌ラーメン二代目てらっちょ