老舗の「液体の濃度」を測る 株式会社アタゴ

安全の先取り

PRMシリーズ
PRMシリーズ

プロセス屈折計

PRM series

老舗
液体濃度専門メーカー

アタゴの取り組み

PRMシリーズ
選ばれる9つのポイント

低糖度飲料、洗浄液、排水などまで高精度で対応

低糖度飲料、洗浄液、排水などまで高精度で対応

PRMシリーズは、さまざまな溶液の屈折率・Brix・濃度や水分量、混合比などを高精度で測定します。とくに、PRM-2000αは、Brix2.000%以下の低糖飲料や、洗浄液、排液などを±0.007%の高精度で測定可能です。

低温から高温まで対応

低温から高温まで対応

PRMシリーズは、自動温度補正機能を搭載し、5℃から100℃(PRM-2000αは5~90℃)までの広範囲な温度に対応。接液面は、160°まで対応可能のため、CIP洗浄やSIP洗浄も安心して行えます。

フラットプリズムで衛生的

フラットプリズムで衛生的

接液部は完全フルフラット。フルフラットにすることで、試料液のプリズム面への付着を最小限に抑え衛生的です。プリズム面とプリズムステージとの間に生じるほんのわずかな段差をなくすため、製造時にプリズムステージを1/100mm単位で再研磨しています。

超音波洗浄装置やプリズムワイパーで衛生面と安定測定を強化

超音波洗浄装置やプリズムワイパーで衛生面と安定測定を強化

試料液の性質上、どうしても長時間の測定によるプリズム面への付着を避けられない場合のために、付着防止用超音波装置 US-α/プリズムワイパーをご用意しております。プリズム面の清掃のために、毎回、ラインをストップさせたり、インライン屈折計を何度も取り外す手間は一切不要。

強酸強アルカリにも対応(ハステロイ/チタン)

強酸強アルカリにも対応(ハステロイ/チタン)

PRMシリーズは、ケミカル系試料を測定したい場合に、接液部のカスタマイズを承っております。標準のステンレス仕様を、ハステロイやチタン仕様にすることが可能です。社内ですべての金属を削り、磨いているからこそ、素材の変更にも柔軟に対応いたします。

ユーザースケールでカスタマイズ

ユーザースケールでカスタマイズ

PRMシリーズでは、Brixや屈折率以外に、試料液の専用濃度を直接表示することができます。液体試料の「屈折率 対 濃度(温度毎)」のデータを用意していただくことで、お客様自身でカスタマイズすることが可能です。弊社にて承ることも可能です。

38年のロングセラーで安心の品質

38年のロングセラーで安心の品質

インライン濃度計は、使用中に不具合が生じると、生産をストップしなければならず、お客様の生産に大きな影響を及ぼします。そのため、製品に対しては、安心の信頼と実績が重要なポイントになります。PRMシリーズは発売以来38年、世界中で高い評価をいただいているロングセラー製品です。万が一の不具合の場合は、代替機のお貸出しもしており、万全のサポート体制を提供いたします。

アラーム機能

アラーム機能

PRMシリーズは、設定した管理幅を越えた値を検出した際、アラーム信号を出力する機能が搭載されています。製造ラインの不適合をいち早く発見するために、大変便利な機能です。リレー駆動を使い、アラームランプの点灯、シーケンサーへの入力などで異常値の発生を検知・制御することが可能です。またデータ出力機能として、レコーダー出力(DC4mA~20mA)とRS-232C出力を搭載しています。

食品関連設備でのご使用にも安心

食品関連設備でのご使用にも安心

アタゴのインライン計は、安全衛生規格EHEDGや3-A Sanitary Standardsの要求する接液部に関する表面仕上げレベル Ra 0.8以下をクリアし、EC No 1935/2004 または、FDA (21 CFR)-GRAS(Generally Recognized as Safe)で規定されているステンレスに関する成分要件をもクリアした仕様となっており、食品関連設備でのご使用にも安心してお使い頂けます。

インライン計 製品紙芝居
インライン計 製品紙芝居

PRMシリーズ
活用事例

お茶系飲料 製造例
POINT

工程ごとに不適合をブロック

原料製造工程

抽出液の濃度確認

抽出した液のBrixを知ることで、抽出率を管理しています。抽出率によっては、再抽出等を実施したりします。

ブレンド工程

混合比率のフィードバック

リアルタイムで混合比率が検出でき、規格外品がでないようにフィードバック。

充填工程

充填前最終チェック

充填前の製品が規格内に入っているか、最終チェックします。また、洗浄時の水との切り替えを管理することで液ロスの削減にも活用できます。

PRMシリーズ
アプリケーション

PRMシリーズ
ラインナップ

PRMシリーズ

PRM-TANKα シリーズ

オプション

保守契約プランが誕生!
サステナブルで高品質の生産を支えるライン上の機器を
常にベストな状態でご利用いただくためのお得なサービスです。

サステナブルプラン

インライン接液部の材質を特注で承ります。

詳細は弊社までお問合せください。

SUS(標準仕様)

SUS(標準仕様)

強度が高く、耐食性に優れたステンレス鋼。サニタリー仕様。

チタン

チタン

強度が高く、軽量、耐食性、耐熱性を備えた金属。 特に塩に対してステンレスよりも高い耐食性がある。

ハステロイ

ハステロイ

耐食性、耐熱性が高い合金。 特に、塩酸や硫酸に強く、高温化でも耐食性が損なわれにくい。※ハステロイは米ヘインズ社の商標です。

PRM シリーズ・CM シリーズは
バリベント規格対応の配管も承ります。

詳細は弊社までお問合せください。

■ VARIVENT®(バリベント)とは

VARIVENT®(バリベント)は、配管への取りつけ方法の規格です。主にヨーロッパで使われています。配管取り付け部の寸法をバリベント規格に合わせた寸法にすることで対応可能になります。PRM シリーズ・CM シリーズはバリベント規格対応の配管も承ります。
※ VARIVENT®(バリベント)は、GEA プロセスエンジニアリング株式会社の登録商標です

PRMシリーズ
試料導入部

PRMシリーズ
製品詳細

プロセス(インライン)屈折計 PRM-100α

工程ごとに濃度の不適合をブロック

プロセス屈折計PRM-100αは、検出部と演算表示部の2つ構成です。検出部の一部に露出した小さなプリズム平面と、測定対象となる液体との界面で生ずる光の屈折を利用して測定を行ないます。従来のPRM-85の機能に加えて、測定範囲がBrix0.00~100.00%に拡大、測定精度がBrix±0.05%、屈折率±0.00010に向上、最小表示の小数桁が切り替え可能、見やすいカラー表示パネルなどの特長があります。食品や薬品などの液状製品の製造プラントや、各種工業用液体補給装置、洗浄装置、希釈・混合・調合装置などの配管に取り付けることにより、さまざまな溶液の屈折率・Brix・濃度や水分、混合比などを連続的に管理することができます。プリズム面の付着防止の特殊加工により、長時間の連続測定でもプリズム面への付着が生じません。
仕様
型式 PRM-100α
Cat.No. 3574
測定項目 屈折率、Brix、濃度、温度(℃)
測定範囲 屈折率 : 1.32000~1.55700
Brix (濃度) : 0.00~100.00%
測定精度 屈折率(nD): ±0.00010
Brix (濃度) : ±0.05%
温度補正範囲 5.0~100.0℃
上下限設定 管理値の上下限をキー操作で設定可能
出力 RS-232C、電流DC4~20mA
アラーム出力 上下限設定に対するオープンコレクター出力(警報用出力)
ケーブル 検出部-演算表示部(電源12V 及びRS-485)
長さ 標準15m(最大200mまで可能)
PRM-100α

プロセス(インライン)屈折計 PRM-100α

Close

濃度モニター PRM-100α-Titanium

PRM-100αの接液部をチタン素材で加工したモデルです。
標準製品のステンレス(SUS 316L) では、耐薬性が心配な液体を測定される場合にお勧めです。
仕様
型式 PRM-100α-Titanium
Cat.No. 3673
測定項目 屈折率、Brix、濃度、温度(℃)
測定範囲 屈折率 : 1.32000~1.55700 Brix (濃度) : 0.00~100.00%
測定精度 屈折率(nD): ±0.00010 Brix (濃度) : ±0.05%
温度補正範囲 5.0~100.0℃
上下限設定 管理値の上下限をキー操作で設定可能
出力 RS-232C、電流DC4~20mA
アラーム出力 上下限設定に対するオープンコレクター出力(警報用出力)
ケーブル 検出部-演算表示部(電源12V 及びRS-485) 長さ 標準15m(最大200mまで可能)
PRM-100α-Titanium

濃度モニター PRM-100α-Titanium

Close

濃度モニター PRM-100α-Hastelloy

PRM-100αの接液部をハステロイ素材で加工したモデルです。
標準製品のステンレス(SUS 316L) では、耐薬性が心配な液体を測定される場合にお勧めです。
仕様
型式 PRM-100α-Hastelloy
Cat.No. 3674
測定項目 屈折率、Brix、濃度、温度(℃)
測定範囲 屈折率 : 1.32000~1.55700 Brix (濃度) : 0.00~100.00%
測定精度 屈折率(nD): ±0.00010 Brix (濃度) : ±0.05%
温度補正範囲 5.0~100.0℃
上下限設定 管理値の上下限をキー操作で設定可能
出力 RS-232C、電流DC4~20mA
アラーム出力 上下限設定に対するオープンコレクター出力(警報用出力)
ケーブル 検出部-演算表示部(電源12V 及びRS-485) 長さ 標準15m(最大200mまで可能)
PRM-100α-Hastelloy

濃度モニター PRM-100α-Hastelloy

Close

プロセス(インライン)屈折計(高精度) PRM-2000α

Brix0~20%の範囲を±0.050%の高精度で測定出来るプロセス屈折計です。果汁や清涼飲料のBrix測定や低濃度試料の精密測定に活用できます。またBrix0.000~2.000%の範囲は±0.007%とさらに高精度です。検出部が-30~165℃まで対応となり、SIP(定置滅菌)、CIP(定置洗浄)が可能となりました。
仕様
型式 PRM-2000α
Cat.No. 3641
測定項目 屈折率、Brix(ショ糖、異性化糖、無糖飲料)、濃度、温度
測定範囲 屈折率(nD)1.32069~1.36500
Brix 0.000~20.000%
測定精度 屈折率 ±0.00001(1.32069~1.33681)
屈折率 ±0.00010(1.33682~)
Brix ±0.007%(0.000~2.000%)
Brix ±0.050%(2.001%~ )
標準試料(糖液)、急激な温度変化がないとき
温度補正範囲 5~90℃
上下限設定 管理値の上下限をキー操作で設定可能
出力 RS-232C、電流DC4~20mA
アラーム出力 上下限設定に対するオープンコレクター出力(警報用出力)
ケーブル 検出部-演算表示部間:標準15m(最大200mまで可能)
PRM-2000α

プロセス(インライン)屈折計(高精度) PRM-2000α

Close

プロセス屈折計 PRM-TANK100α(FER)

検出部をタンク側面に直付け可能なモデル

プロセス屈折計PRM-TANK100α(FER)は、タンク直付け可能なへルール仕様の製品です。抽出、煮詰め、調合、発酵、搾汁、ろ過等、タンク内の濃度を常時測定できる画期的なモデルです。測定部は完全フルフラットでサニタリー仕様です。
仕様
型式 PRM-TANK100α(FER)
Cat.No. 3577
測定項目 屈折率(nD)、Brix、濃度、温度℃
測定範囲 屈折率(nD):1.32000~1.55700
Brix:0.00~100.00%
温度:-5.0~160.0℃
測定精度 屈折率:±0.00010
Brix:±0.05%
温度補正範囲 5.0~100.0℃
上下限設定 管理値の上下限をキー操作により設定可能
出力 レコーダー出力:DC4~20mA
RS-232C出力
アラーム出力 上限値、下限値を越えたときの警報用出力
ケーブル 検出部-演算表示部間:標準15m(最大200m まで可能)
PRM-TANK100α(FER)

プロセス屈折計 PRM-TANK100α(FER)

Close

プロセス屈折計 PRM-TANK2000α(FER)

タンク直付けモデル

プロセス屈折計PRM-TANK2000α(FER)は、タンク直付け可能なへルール仕様の製品です。お茶や清涼飲料水・低濃度洗浄液などを高精度に測定でいます。測定部は完全フルフラットでサニタリー仕様です。
仕様
型式 PRM-TANK2000α(FER)
Cat.No. 3578
測定項目 屈折率、Brix(ショ糖、異性化糖、無糖飲料)、濃度、温度
測定範囲 屈折率(nD)1.32069~1.36500
Brix 0.000~20.000%
測定精度 屈折率 ±0.00001(1.32069~1.33681)
屈折率 ±0.00010(1.33682~)
Brix ±0.007%(0.000~2.000%)
Brix ±0.050%(2.001%~ )
標準試料(糖液)、急激な温度変化がないとき
温度補正範囲 5~90℃
上下限設定 管理値の上下限をキー操作で設定可能
出力 RS-232C、電流DC4~20mA
アラーム出力 上下限設定に対するオープンコレクター出力(警報用出力)
ケーブル 検出部-演算表示部間:標準15m(最大200mまで可能)
PRM-TANK2000α(FER)

プロセス屈折計 PRM-TANK2000α(FER)

Close

プロセス屈折計 PRM-TANKα(FLN)

検出部をタンクに直付け可能なモデル

プロセス屈折計PRM-TANKα(FLN)は、検出部をタンクに直付けできるように開発しました。抽出、煮詰め、調合、発酵、搾汁、ろ過等、タンク内の濃度を常時測定できる画期的なモデルです。また、長時間の測定でのサンプル付着を防止できるよう、検出部の完全フラット化を実現しました。
仕様
型式 PRM-TANKα(FLN)
Cat.No. 3575
測定項目 屈折率、Brix、濃度、温度
測定範囲 屈折率(nD) : 1.31700~1.51000
Brix : 0.00~85.00%
測定精度 屈折率(nD) : ±0.0001
Brix : ±0.1%
温度補正範囲 5.0~100.0℃
上下限設定 管理値の上下限をキー操作により設定可能
出力 DC4~20mA、RS-232C
アラーム出力 上下限設定に対するオープンコレクター出力(警報用出力)
ケーブル 検出部-演算表示部間:標準15m(最大200m まで可能)
PRM-TANKα(FLN)

プロセス屈折計 PRM-TANKα(FLN)

Close

手動プリズムワイパー RE-67590

プリズムワイパーは、手動でプリズム面の付着物を清掃することができるオプション品です。プリズムワイパーを設置することで、配管を外さずにプリズム部の清掃をすることができます。
仕様
型式 RE-67590
その他の仕様 ストレート配管用
RE-67590

手動プリズムワイパー RE-67590

Close