お客様の声【農業:一覧】

農業

農業市倉 様

市倉 様に、 PAL-光センサー2 (ぶどう) をお使いいただいています。


農業直販とまと屋 様

直販とまと屋 様に、 PAL-光センサー53 をお使いいただいています。


農業島田梨園 様

島田梨園 様に、 PAL-12S をお使いいただいています。


農業古座川ゆず平井の里 様

古座川ゆず平井の里 様に、 PAL-pH をお使いいただいています。


農業かやぶき農園 様

かやぶき農園 様に、 PAL-光センサー15(マンゴー) をお使いいただいています。


農業井上苺園 様

井上苺園 様に、 MASTER-20α をお使いいただいています。


農業ニコファームうえだ 様

ニコファームうえだ 様に、 PAL-光センサー4(いちご) をお使いいただいています。


農業マルナカファーム株式会社 様

マルナカファーム株式会社 様に、 MASTER-S28α をお使いいただいています。


農業篠原農園様

篠原農園 様に、 PAL-BX|ACID4 をお使いいただいています。


農業やすむらファーム様

やすむらファーム 様に、 PAL-光センサー3 MINi(ミニトマト・ミディトマト) をお使いいただいています。


農業奈良いちご園 様

奈良いちご園 様に、 PAL-光センサー4(いちご) をお使いいただいています。


農業株式会社多幸寿 様

株式会社多幸寿 様に、 PAL-光センサー4(いちご) をお使いいただいています。


農業リンゴのふくさわ様

リンゴのふくさわ 様に、 PAL-光センサー5(りんご) をお使いいただいています。


農業橋本農園 様

橋本農園 様に、 PAL-光センサー3 MINi(ミニトマト・ミディトマト) をお使いいただいています。


農業梨の宇野農園 様

梨の宇野農園 様に、 PAL-光センサー12 (和梨) をお使いいただいています。


農業滋賀県立大学 様

滋賀県立大学 様に、 甘酸っぱい味覚セット(ミニトマト、ミディトマト) をお使いいただいています。


農業ただかね農園 様

ただかね農園 様に、 甘酸っぱい味覚セット(いちご) をお使いいただいています。


農業湾岸ベリーファーム様

湾岸ベリーファーム 様に、 PAL-光センサー4(いちご) をお使いいただいています。


農業タキイ種苗株式会社様

タキイ種苗株式会社 様に、 PAL-光センサー4(いちご) をお使いいただいています。


農業丸山農園様

丸山農園 様に、 PAL-BXIACID1 をお使いいただいています。


農業みうら農園様

みうら農園 様に、 PAL-BX|ACID2 マスターキット をお使いいただいています。


農業 有限会社 加藤牧場 バッフィ 様

ph

有限会社 加藤牧場 バッフィ 様にPAL-pHをお使いいただいています。


農業 株式会社 サン・ファーム 様

pal

株式会社 サン・ファーム 様にPAL-Jをお使いいただいています。


農業 有田巨峰村 三木と園 様

pal-bx/acid pal

有田巨峰村 三木と園 様に柑橘用糖酸度計 PAL-BX|ACID1 マスターキット, PAL-1をお使いいただいています。


農業 修寿農園 様

hikari

修寿農園 様にPAL-光センサー2をお使いいただいています。


農業 本山農園 様

bx-acid

本山農園 様に柑橘用糖酸度計 PAL-BX|ACID1 マスターキットをお使いいただいています。


農業 有限会社沖縄アロエ 様

pal

有限会社沖縄アロエ 様にPAL-Jをお使いいただいています。


農業 ムラカミトマトファーム 様

ph ec

ムラカミトマトファーム 様にPAL-pH,PAL-ECをお使いいただいています。


農業 あったかふぁーむ 様

pal

あったかふぁーむ 様にPAL-1をお使いいただいています。


農業 柑味処 朝倉農園 様

pal

柑味処 朝倉農園 様にPAL-はちみつ糖度計をお使いいただいています。



農業 合同会社 Domaine Hisamatsu 様

pal-bxacid

合同会社 Domaine Hisamatsu 様にポケット糖酸度計(ぶどう・ワイン) PAL-BX|ACID2 マスターキットをお使いいただいています。


農業 ちくご葡萄園 様

hikari

ちくご葡萄園 様にPAL-光センサー2(ぶどう)をお使いいただいています。


農業 小高農園 様

hikari

小高農園 様にPAL-光センサー12(和梨)をお使いいただいています。



農業 重ちゃん農園 様

master

重ちゃん農園 様にPAL-光センサー12(和梨)をお使いいただいています。


農業 いろどりファーム 様

master

いろどりファーム 様にMASTER-53Mをお使いいただいています。


農業 田口ファミリーファーム 様

光センサー

田口ファミリーファーム 様にPAL-光センサー10 (桃)をお使いいただいています。


農業 農事組合法人あかつきファーム今在家 様

光センサー

あかつきファーム今在家 様にPAL-光センサー2 (ぶどう)をお使いいただいています。


農業 LA MANGUE BLEUE~ラ・マンゴーブルー~ 様

光センサー PAL

LA MANGUE BLEUE 様にPAL-光センサー15 (マンゴー)PAL-1をお使いいただいています。

■LA MANGUE BLEUE様のインスタグラムはこちらから

農業 いちのみやママ工房 様

光センサー

いちのみやママ工房 様にPAL-光センサー10 (桃)をお使いいただいています。


農業 大川三世代 様

PAL

大川三世代様に、PAL-光センサー12 (和梨)をお使いいただいてます。


農業 為桃園サンピーチ 様

PAL

為桃園サンピーチ様に、PAL-光センサー10(桃)をお使いいただいてます。


農業 加敬農園 様

PAL

加敬農園様に、PAL-光センサー16(さくらんぼ)をお使いいただいてます。


農業 株式会社 関東農産 様

PAL

株式会社 関東農産様に、PAL-光センサー3 MINiをお使いいただいてます。


農業 モリタファーム 様

PAL

モリタファーム様に、PAL-光センサー10 (桃)をお使いいただいてます。


農業 株式会社イグナルファーム 様

PAL EC

株式会社イグナルファーム様に、DPH-2DEC-2をお使いいただいてます。


農業 かまくら農園 様

PAL

かまくら農園様に、PAL-1をお使いいただいてます。


農業 こだわりのくだもの専門店 有限会社 火の國屋 様

PALシリーズ

火の國屋様はアタゴの糖度計N-1を手に、昭和58年からみかん農家、西瓜農家を廻り、買付し、京都・宇治田原町でくだもの専門店を開店されました。品質データ(糖度、酸度)を積み上げて来た38年間の実績は、お客様より美味しさへの高い信頼を得ておられます。美味しさは科学的な裏付けが必要と考え、糖度計とリトマス試験紙でデータを取り、お客様の美味しさの感覚を数値化。現在では、お客様から糖度指定を頂くまでになったそうです。これからも品質に見合った、価格表示に心掛けて参ります。と火の國屋様はおっしゃいます。この数値への拘りの安心感から、地元のみならず全国からたくさんの注文が来るのだそうです。

お話をうかがいました

Qなぜアタゴ製品をここまで長い年月に渡り、ご愛用して頂いているのでしょうか?

A当時はアタゴ製しか糖度計が無かったのだが、使い易さ、耐久性、高精度という面で現在も変わらずに使用させて頂いております。
糖度計=アタゴであり、これからも当店の果物はアタゴの糖度計を基準に数値化して販売していきます。

Q果物を販売する上で大切にしていらっしゃる事は何ですか?

A糖酸バランスが黄金比になったバランスの取れた果物を販売し、お客様に喜んで食べて頂ける物を提供していきたいです。
例えば、糖度が15度のみかんだからと言って必ずしも美味しい訳ではありません。酸の比率が重要になります。
この黄金比は独自で長年蓄積したデータから算出しております。

Qアタゴ製品の優れているところは何ですか?

A一昔前はアナログの糖度計しかなく、お客様に数値を確認する時に目で覗いて目盛りを読んでもらう必要がありました。
現在はデジタルの糖度計(PALシリーズ)があり、乾電池2本で使える点、温度も表示される点、何より一目で、瞬時に糖度が表示されるので、とても助かっています。
お客様を説得させる為に科学的な美味しさの裏付けが必要ですが、アタゴの糖度計が無いと始まりません。


火の國屋様とお客様を繋ぐ欠かせない相棒として、N-1(現:MASTER-53シリーズ)とPAL-1を末永くご活用いただけると確信しております。

■火の國屋様のショップはこちらから


農業 中出農園様

PALシリーズ

中出農園様は、水なす発祥の地とされる貝塚市澤地区で60年以上も前から泉州水なすの栽培をされています。全国農業コンクール等、様々な賞を受賞している水なすは、購入された方を笑顔にする逸品として高い評価を受けています。

他社との差別化に

水なす、水なすぬか漬けの測定にPAL-1を使用しています。
ナスの中でも圧倒的な甘みを持つ水なすはフルーツと表現されるほど甘く、他社との差別化を測るうえでも必要と考えました。

精度の高さが決め手

知り合いのトマト農家さんが使っており、精度が高そうだと思って購入を決めました。実際に使ってみたところ、精度が高く瞬時に計測できるので使いやすく手入れも簡単でした。

お客様に「おいしい!」といってもらうのが水なす栽培、漬物のプロである私たちの仕事だと中出様はおっしゃいます。
笑顔をお届けするお手伝いとして、これからもPAL-1をよろしくお願いいたします。


■中出農園様のショップはこちらから


農業 平石農場 様

DOM

平石農場様は、農業実践グループ「野良舞夏ひまわり倶楽部」が運営する農場で、 毎年お盆には、15万本ものひまわりが一面に咲き誇ります。 また、4月末から5月初旬は、ひまわりの肥料用としての菜の花畑も人気を博しています。

このひまわりの種から取れる「ひまわり油」の品質管理にアタゴの 油酸化計DOM-24をお使い頂いています。
当社の油酸化計を用いて、常温で放置した油の劣化を確認し、適正な消費期限を設定するとの事です。
他社の海外メーカーも検討したとの事ですが「他社製品は40℃以上の油しか測定出来ない」「日本製の製品の方が信頼感がある」と言う理由で、アタゴ製品を購入頂きました。

ひまわりの油はビタミンEが豊富に含まれていて、血行をよくするなどの効果があるようです。花も楽しめて健康によい油も搾れる、まさに一石二鳥といえます。

【開花・開園情報はこちら(阿南市H P)から】http://www.town.anan.nagano.jp/


農業 ときわマンゴー農園 様

PAL-光センサー

ときわマンゴー農園様は沖縄本島から南西に410キロ離れた石垣島で、園主の吉濱駿様と奥様の二人で営んでいらっしゃいます。元々植物が好きだった吉濱様が、10年ほど趣味でマンゴーを育てていたところ「マンゴー専業農家になる。」と決心し会社を退職。そこから就農しマンゴー専業農家として10年以上の月日を重ね、日本一のマンゴーを目指して取り組まれています。
石垣島は沖縄本島より2~3度暖かく、1年間の平均気温は23度、真冬でも18度と暖かい気候になっています。四方を海で囲まれた、周囲162キロの小さな島なので、ミネラルを多く含む潮風が年中吹き、おいしいマンゴーを育てる環境に適しており、好条件が整っているのだそうです。

マンゴーへのこだわり

ときわマンゴー農園は「完熟」にこだわっています。
マンゴーは完熟になると枝から自然に落ちます。完熟状態でギリギリまで木で実らせることで、甘味やコクが出てきます。保存期間を考えると自然落下する前に収穫し、追熟させる方がいいのですが、自然落下と比べるとやはり味は落ちてしまいます。ときわマンゴー農園では「自然落下するまで収穫しない。」ということにこだわりを持っているのです。

安定した甘さをお客様へお届けしたい

ときわマンゴー農園の販路は全てがインターネットの販売なので、選果、箱詰め、発送のすべてを農園で行っています。
これまで選果時には、ものすごい量のマンゴーを食べてきました。「色づきが少し違うなぁ、食べてみよう。」「形が少し変わっているなぁ、食べてみよう。」「触った感触が~、食べてみよう。」みたいなことをやっていると、食事も要らないくらいお腹いっぱいになってしまうんです。でも、そのおかげで目と鼻と手の感触で、マンゴーのおいしさがわかるようになりました。それでも「ある程度」だと思っています。
非破壊の糖度計PAL-光センサー15(マンゴー)を使って数値で測定できるようになれば、ある程度ではなく、しっかり安定した甘さのマンゴーを、お客様にお届けできます。PAL-光センサー15(マンゴー)には期待しています。あと、「マンゴーでお腹いっぱい…」ということもなくなるかと思っています。


■ときわマンゴー農園様のオンラインショップはこちらから


農業 アグリファーム 汁吉屋 様

PALシリーズ

アグリファーム 汁吉屋様に、PAL-1をお使いいただいてます。


農業 中塩農園 様

PAL-pH

中塩農園様に、PAL-pHをお使いいただいてます。


農業 石堂ファーム 様

PAL-pH

石堂ファーム様に、PAL-pHをお使いいただいてます。


農業 北つくば農業協同組合 様

PAL-光センサーシリーズ

北つくば農業協同組合様に、PAL-光センサー12(和梨)をお使いいただいてます。


農業 OGAWA FARM 様

PAL-光センサーシリーズ

OGAWA FARM様に、PAL-光センサー3 MINi(ミニトマト、ミディトマト)をお使いいただいてます。


農業 ボッサファーム 様

PAL-光センサーシリーズ

ボッサファーム様に、PAL-光センサー2 (ぶどう)をお使いいただいてます。


農業 尾崎桃太郎ファーム 様

PAL-光センサーシリーズ

尾崎桃太郎ファーム様に、PAL-光センサー10 (桃)をお使いいただいてます。


農業 株式会社さんたファーム 様

PAL-光センサーシリーズ

株式会社さんたファーム様に、PAL-光センサー4 (いちご)をお使いいただいてます。


農業 ジョージ農園 & HIROKA JAM 様

PAL-pH

北海道長沼町のジョージ農園では、ハスカップ・ブルーベリー・イチゴ・カリンズなどのベリー類のほかに、ブロッコリー・カボチャ・スイートコーンなどさまざまな野菜を栽培しています。
そして、夫ジョージさんの農園で採れるハスカップ・ブルーベリー・イチゴなど北の大地の恵みのほか、日本各地の農家さん直送の柑橘類・いちじく・ぶどうなど旬の果物を使い、妻Hirokaさんがジャムを作っています。

ジャムの品質管理に関して、以前は加工所の共同用のpH計を使用していましたが、より高精度なpH計を追求した所、 糖度計のブランド力を考慮し、アタゴのPAL-pHを購入頂いたとの事です。

今までもアタゴの糖度計を使って頂いていたので、同じ操作方法のPAL-pHは難なく使いこなせています。 また、防水かつ測定面がフラットであるので、とても洗いやすく、清潔な状態でお使い頂いています。


農業 株式会社菜草工房(一般社団法人らいおんハート) 様

PAL₋pH

水耕栽培で葉物野菜を栽培・販売する株式会社菜草工房。
その農作業を、就労継続支援B型作業所らいおんハートの利用者が担っています。

アクの無い野菜

ここではこまつ菜やリーフレタス、春菊に水菜などの葉物野菜を育てています。これらの野菜は水耕栽培で作っているのでアクが無く、生で食べても美味しいです。

養液のpH管理に

水耕栽培を行う上で重要である、「養液のpH管理」をアタゴ製PAL-pHで行って頂いています。
以前は、電極挿し込み型のpH計を使っていたとの事ですが、内部液が無くなる度に新品購入していたので、コスト面を考えて 内部液が長持ちするPAL-pHに買い替えて頂いたとの事です。
こちらの野菜は、香川県内のマルヨシセンターやコープかがわの産直コーナーでお買い求め頂けます。


アタゴは株式会社菜草工房様の美味しい野菜づくりを応援しています。


農業 株式会社 信州須坂太田農園 様

光センサー PAL-BX/ACID

株式会社 信州須坂太田農園様に、甘酸っぱい味覚セット(ぶどう)をお使いいただいてます。


農業 株式会社 一宮 太田果樹園 様

光センサー

一宮 太田果樹園様に、PAL-光センサー10 (桃)をお使いいただいてます。


農業 株式会社岡畑農園 様

palette

株式会社岡畑農園の伊藤陽介様に、デジタルエチルアルコール濃度計 PET-109をお使いいただいてます。


農業 阪野農園 様

光センサー

阪野農園の阪野彰さんに、PAL-光センサー4 (いちご)をお使いいただいてます。


農業 ナチュラルファームen 様

光センサー PAL-BX/ACID

ナチュラルファームen(エン)の品川憲治さんに、甘酸っぱい味覚セット(ぶどう)をお使いいただいてます。


農業 黒木へべすファーム 様

PAL-BX/ACID

黒木へべすファームの黒木照久様は、2020年4月に千葉から宮崎県日向市に移住し、へべす・日向夏を生産されています。

黒木へべすファームの種なし日向夏は宮崎県日向市のふるさと納税の返礼品にも選ばれています。日向夏は黄色い皮の下の白い内皮があり、甘さと果実の酸味のバランスが絶妙です。
へべすは宮崎県日向市が発祥の柑橘で、ほんのりとした甘みに爽やかな酸味を持っています。

心を込めて育成

代表の黒木様

出荷前のチェックに

へべす・日向夏

宮崎県の加工場で使用していたことがきっかけ

黒木様がアタゴの測定器に触れたのは、宮崎県の加工場で使われていたことがきっかけでした。
以前は測定器を使用されていませんでしたが、宮崎県の研修でPAL-BX|ACID1を知り、簡単だと思い購入されたそうです。

測定の際には、ほ場の異なる場所の果実を比較し、糖度や酸度に偏りがないか確認するとのことです。

■黒木へべすファーム 様インスタグラム


農業 Green Thumb Greenhouse 様

光センサー

北海道伊達市でイチゴを育てていらっしゃる、イチゴ農家の森苑絵さんは、ご主人の転勤をきっかけに移住され、農業に関心を持っていたこともあり、市の就農支援制度を利用して、イチゴの栽培技術を習得されました。

その後、栽培技術の研修期間を経て、2018年に独立されました。

森 苑絵様

イチゴの健康管理に

伊達市の新規就農者研修で、アタゴの糖度計を見たことがあったそうですが、今回、ネットのバナー広告で、光センサーいちごの広告をみて、すぐに購入されたそうです。

とくに今年(2020年)は、イチゴの病気である「白ろう果」(着色不良)に悩まれていたそうで、イチゴに糖度が乗っており、植物体が健全に機能しているかの観察を日々行っていたそうです。

「サラダなイチゴ」をブランド化する上で、見た目に加え、育てたイチゴを傷つけずに、甘さのチェックができる点、糖酸度計で「甘酸っぱさ」のチェックも行える点を評価して頂いています。

■Green Thumb Greenhouse様インスタグラム


アタゴの光センサーは、森苑絵さんの育てた、美しく、甘く、人を笑顔にするイチゴを陰ながら応援しています。


農業 ホットファーム 様

PALシリーズ

ホットファーム様では、あえて甘すぎない糖度7ランク「トマトが好きな人が美味しいと感じるトマトとは」を追求したアップルスタートマトを生産されています。甘味だけではなく酸味とのバランスが抜群のトマトです。アップルスタートマトの糖度確認に、PAL-1をご愛用いただいています。

心を込めて育成

代表の志賀口様

出荷前のチェックに

トマト好きのためのトマト

糖度を測定することで肥料濃度や灌水量などを決めています

収穫したトマトをランダムで抽出し糖度を都度計測しています。段数による糖度の若干のばらつきは否めませんが、計測を重ねることにより肥料濃度や灌水量などを決めています。

実際の糖度数値と食味をデータ化

糖度計を使用する前はスタッフの舌に頼るもので、統一性もなく感じ方もそれぞれでしたので糖度計を導入し、数値のデータとしても残すようにしました。実際の糖度数値と食味を残すことにより、季節ごとに美味しいと感じる全体的なバランスが分かってきたように思います。糖度計を探した際に、農業資材の業者さんからもアタゴさんの糖度計は使い易いと聞いたり、インターネットでの良いクチコミも多数あり迷わず使わせていただくことにしました。

アップルスタートマトのこだわり

毎日食卓にある美味しいトマト

アップルスタートマトは、フルーツトマトと呼ばれているトマトよりも少し糖度を下げて栽培しています。それは秀品率を上げ価格は季節で変えず、出荷も通年で扱っていただけるようにという考えと、「トマト好きのためのトマト」「毎日食卓にある美味しいトマト」をコンセプトにしています。まだまだ試行錯誤の段階ですが、糖度、果肉、ゼリー(種子部)のバランスを考えながら栽培しています。


農業 天川農園 様

PAL₋光センサーシリーズ

天川農園様は、自然豊かで水と空気の綺麗な山梨県笛吹市で、桃とスモモを栽培されていらっしゃいます。主な品種として、桃は「川中島白桃」や「さくら」、スモモは「完熟太陽」など、種類豊富です。 農業生産工程管理「やまなしGAP」を取得されるなど、品質管理を重視され、安心安全で美味しい桃とスモモの販売に、日々まい進なさっています。

心を込めて育成

心を込めて育成

出荷前のチェックに

出荷前のチェックに

他と比べて低コスト

以前から非破壊式の糖度計が欲しいと考えていましたが、どれも高価なため導入を断念していました。アタゴの桃用光センサー(PAL-光センサー10)を知り、価格も手が届く価格帯でしたので、思い切って購入を決めました。どこにもない小型なサイズで畑で木になった状態の桃を測定するのにとても便利です。購入してよかったです。

生育や出荷時の管理に

畑で収穫前の桃の糖度測定をし、収穫時期の大事な目安のひとつにしています。また、お客様へ発送する前にも確認のために測定することもあります。心を込めて大事に育てた桃です。すべてのお客様に喜んでいただきたいと思っています。真心に加えて、客観的な指標の一つである糖度までしっかり確認することで安心して出荷ができます。


農業 直井梨園 様

PAL₋光センサーシリーズ

栃木県にある直井梨園様は、3代に渡り、100年以上続くとても伝統のある梨園です。宇都宮梨農業協同組合に参加され、組合の運営にも尽力されていらっしゃいます。同組合は、品質管理に特別高い意識を持ち、新しい技術を積極的に取り入れておられます。

新しい技術の導入

40年以上に渡り、アタゴの手持ちシリーズからPALシリーズまで愛用されていらっしゃいました。アタゴからのDMがきっかけで光センサー梨(PAL-光センサー12)に興味を持ったそうです。

選果場に持ち込まなくても、梨を切って絞らなくても、その場で梨にあてるだけで糖度が測定できる点に魅力を感じ、導入に至りました。

安心感と品質維持に

光センサーは表面にあてるだけで測定できるため、測定した梨をそのまま出荷することができます。自信をもってお客様に品質を保証できますし、自分の育て上げた梨を最終確認できる安心感があります。


農業 稲垣農園 様

PAL₋光センサーシリーズ

稲垣農園様は、和歌山県北部、紀の川沿いにあり、恵まれた気候や土壌に恵まれ、桃栽培にもっとも適した桃専業の農園です。1970年代から桃の産地直送/産地直売に取り組んでいらっしゃいます。安心、安全、真心の「あら川の桃®」。その美味しさを朝もぎ、当日発送でお届けしています。桃の糖度確認にPAL-光センサー10をお使い頂いています。

丹精込めて育てています

丹精込めて育てています

たわわに実った桃

たわわに実った桃

持ち運びのしやすさ

これまでは、桃の果汁を絞って測るタイプの糖度計を使っていました。PAL-光センサー10にした理由は、園地に持ち込んで、木になっている状態の桃を測定できる点です。

誰でも扱える手軽さ

光センサーを使うことで、これから収穫を迎える品種の登熟具合を園地内で見ることが可能になりました。桃にあてて、スタートボタンを押すだけで糖度をデジタル表示してくれるので、パートさんでも判断でき、使用する人を限定しない点が重宝しています。


農業 博水園 様

PAL-光センサーシリーズ

奈良県吉野郡にある博水園様のある大阿太高原は、奈良県吉野の玄関口です。明治27年から栽培を始め、日露戦争当時には、戦勝記念として勝利梨(かちどき梨)の名で天皇陛下献上品にもなったそうです。昔から、梨の糖度測定に糖度計を使っていらっしゃいましたが、非破壊型の糖度計、光センサーが発売されてからは、PAL-光センサー12をご愛用されていらっしゃいます。

人気の豊水梨

人気の豊水梨

美味しい梨をお客様へ

美味しい梨をお客様へ

コンパクトで手軽に計測

PAL-光センサー12を購入した理由は、コンパクトで手軽に糖度が測れること、樹上で実をならせたまま糖度の計測ができることから、収穫時期の判断がつきやすいからだそうです。価格が手頃であった事もきっかけとなりました。

収穫時期を数値でチェック

以前は、果汁を絞って計測するタイプの糖度計を使用していましたが、果汁を絞るため、全数検査が難しく、収穫時期の判断を実の大きさ・色・香り・肌の状態など、人の目で判断する必要がありました。PAL-光センサー12を使用することで糖度の数値を基準にし収穫時期を判断できるようになり、出荷までの作業もスムーズになりました。


農業 岩下果樹園 様

PAL-光センサーシリーズ

岩下果樹園様は、福岡県朝倉市で葡萄と柿の生産、販売を行っています。葡萄はピオーネ、瀬戸ジャイアンツ、シャインマスカット、クインニーナなどの品種を扱っていらっしゃいます。農園内で収穫前の糖度測定にPAL-光センサー2をお使い頂いています。

◆葡萄の糖度を光センサー2で測定する様子はこちらから


ぶどうを傷めない

より良い品質に

小型で手ごろ

光センサーに出会う以前は、ぶどうの果汁を搾って糖度測定をされていらっしゃいました。光センサーは、非破壊式なのに手ごろな価格であることから購入を決めたそうです。

判断が難しい品種に最適

葡萄のなかでも、とくにシャインマスカットは色味だけで成長の判断が難しい品種のため、糖度測定がとても大事です。とはいえ、果汁を絞って測るタイプでは、抜き打ちの検査しかできませんでした。光センサー2を使うことで、糖度保証をよりしっかり行うことができ、お客様へ品質の確かなものを供給できるようになりました。


農業

PAL₋光センサーシリーズ

山口農園様は、埼玉県蓮田市で、親子3代に渡って梨と柿を栽培されていらっしゃいます。収穫前の梨園の風景をホームページで配信しており、美味しい梨ができるまでのご苦労とともに梨への愛情、何より、お客様に安心、安全の美味しい梨をお届けしたい気持ちが伝わってきます。

確かなものをお届けしたい

収穫を待つばかり

収穫を待つばかり

ポケット糖度計PALシリーズから非破壊糖度計へ

これまでPALシリーズを使用していましたが、果汁を搾る手間が省け、全数確認も可能になると考え、非破壊糖度計PAL-光センサーに切り替えました。

確かなものをお届けできる

昨年度、日照不足によって糖度が上がりにくい傾向がありました。これまでは果汁を絞るタイプの糖度計で抜き取り検査しかできなかったのですが、PAL-光センサー12を導入した事で、このような大変な時にも、しっかりとすべての梨の糖度確認を行うことができ、確かなものをお客様にお届けすることが出来るようになりました。

山口農園様のHPはこちらから


農業 ぬうは(nuuha)農園 様

PALシリーズ

沖縄県北部、通称やんばるとよばれる地で、パイナップルを育てていらっしゃいます。主な栽培品種はピーチパインとハワイ種で、ピーチパインは、果肉が柔らかく、芯まで食べられる甘いパイナップル。ハワイ種は、甘さと酸味のバランスが絶妙でパイン好きにはたまらないおいしさです。
パイナップルの糖度確認に、PAL-1をご愛用いただいています。

収穫を待つパイナップル

収穫を待つパイナップル

出荷の時期をチェック

出荷の時期をチェック

収穫のタイミングが重要

パイナップルも他の農産物と同様、土作りや減農薬、手除草、酵素散布、米糠散布など収穫に至るまで、こだわる部分はたくさんありますが、私が一番こだわるのはパイナップルの美味しさを左右する収穫のタイミング。パイナップルは追熟しないことが、最大の難点であり、品種によっては果皮の色付きと中の熟度が比例しない場合があります。収穫にはよりいっそうの慎重さと経験が必要になってきます。より美味しいパイナップルを消費者にお届けしたい一心で、何度も何度も糖度チェックを繰り返しています。

出荷前にパイナップルの糖度をチェック

出荷前にサンプルとして、果皮の色づきの異なる実をいくつか収穫し、それぞれの糖度を測ります。酸度測定器はないので、自分の味覚(酸度1.0以下が生食可能)と合わせて試食を繰り返しながら出荷の時期を決めていきます。それ以外にも、気温の上昇や多雨時、品質確認目的で糖度チェックをしています。PAL-1は、①他社の製品より小ぶりで持ち運びができること。②簡単に使えること。③糖度が、数字で確認できること。④手頃な価格。な点が気に入って使わせていただいています。


農業

PALシリーズ

千葉県で、最高糖度14度の、日本一しあわせになれる「甘幸」というオリジナルブランドのスイカを生産販売されています。食感はシャリシャリなのに水っぽくはなく、皮のきわっきわまで、とびきりに甘いスイカです。
スイカの糖度確認に、PAL-1をご愛用いただいています。

しあわせスイカ「甘幸」

しあわせスイカ「甘幸」

栽培45年の確かな甘さ

栽培45年の確かな甘さ

甘いスイカを育てる

スイカ作りにおいて、一番大切にしているのは、まずは、甘いスイカを育てる事です。温度管理、成長過程は、長年の経験の中で、一度として同じ条件の環境はありません。
面白い事に、同じ土地でも作り手が変わると、葉っぱの大きさ、成長、玉の大きさは異なります。お客様に安心して購入して頂けるようなサービス(店づくり)を心掛けており、その一つとして、糖度を表示を行っています。

スイカの糖度測定にPAL-1

スイカを畑から収穫してすぐのタイミングや、翌日、翌々日の糖度を計る事で、お客様目線での糖度を知ることができます。他にも、スイカを切って冷蔵庫で冷やして翌日の糖度を測定したり、割れてしまったスイカ、時間が経ちすぎているスイカ、落として割ってしまったスイカ。どんなスイカも糖度を計っています。
糖度計を手にした事で今まで以上に、当園のスイカを知り誇りを持って、お客様にお届けできるようになりました。スイカだけに限らず、糖度はお客様にとって商品選びの目安の一つとして、必要不可欠な存在になると感じます。


農業 澤田農園 様

光センサー

芸術的に仕上げた房の為に

ブドウの果粒の色は大きく分けて赤黒青(緑黄)とあるわけですが、青系の物は糖度と色の関係の識別が難しいとされてきました。
もうすぐ出荷という時に芸術的に仕上げた房の粒を1つ2つ抜くというのは商品価値が下がり好ましい事ではありませんでした。
果粒を抜くことなく糖度が分かるというのは画期的な商品だと思います。

アタゴさん、ありがとう。


農業 山長 様

光センサー PAL-BX/ACID

くだものの山長様は、高知県高知市にある昭和5年創業の果物専門店様で、地元・高知産のブランドもののくだものを販売されています。
販売する梨の糖度チェックのため、アタゴの「PAL-光センサー12」をご愛用いただいています。

仕入れた梨を光センサーで測定

仕入れた梨を光センサーで測定

NFCとパソコンを活用

NFCとパソコンを活用

梨の糖度測定に光センサー

くだものの山長様のくだものは、贈呈用に買い求める方も多いとのこと。なるべく糖度をはじめとする品質幅がない良質な梨を仕入れられているそうですが、確認のため仕入れた梨を可能な限り多く測定されているのだそうです。より正確に求めるため、1個の梨において複数点測定し、その平均値を採用していらっしゃいます。

アタゴを選んだ理由

光センサーをご購入いただく前から、アタゴの「PAL-BX|ACID12」を、糖度だけでなく酸度も測れる点が良いとご愛用くださっていました。糖度に関しては、現場での測定が容易で全数検査できるので「PAL-光センサー12」は便利だと仰っていただきました。

くだものを販売される上で大切にしていらっしゃること

「私達の思う、「美味しい」だけでなく、食べていただける方の「おいしい」この二つに違いがあるのか、それをいかにフィットさせられるか。
そのために、何が出来るか。
今まで、出来なかった事は、今も出来ないのか。」
店長の山本様からこのようなお言葉をいただきました。販売されるくだものや食べていただく方のことを大切にしていらっしゃること、また、美味しさを追求するプロのこだわりを感じます。大切なシーンのためのものなので、買う側も嬉しいですね。
インターネットや電話からでも注文することができるそうなので、みなさまも大切な人への贈り物にくだものの山長様のくだものを取り寄せてはいかがでしょうか。


農業 天野ぶどう園 様

光センサー
糖度の見極めが非常に重要

糖度の見極めが非常に重要

人気のシャインマスカット

人気のシャインマスカット

どこよりもおいしいぶどうを目指して

大阪府柏原市の天野ぶどう園様では他店よりもおいしいぶどうを目指して50年以上前からぶどうを生産・直売されております。天野ぶどう園様は大阪府果樹振興会のぶどう品評会において「シャインマスカット」、「デラウェア」の2品種で農林水産大臣賞を受賞されています。この品評会では大阪中のぶどうが集まり、「糖度」、「粒の大きさ」、「粒のバランス」、「果皮色」など多項目に渡り審査されます。
シャインマスカットは高値で取引されており、収穫時の糖度の見極めが非常に重要ですが、成熟に伴う果皮色の変化が少なく、外観で収穫期の判別が難しい品種です。天野ぶどう園様では、かねてより従来の糖度計をご使用いただいておりましたが、ぶどうの果汁を絞って測定する必要があり、ぶどうの外観を損なうことや測定に手間が掛かることにお悩みでした。PAL™-光センサー2をご使用いただくことにより収穫の目安になる糖度を簡単に確認できるとお喜びいただいております。


農業 飯田園 様

光センサー

千葉県は梨の生産量が日本一として有名です。
飯田園様は、鎌ケ谷市で幸水、豊水、秋月、かおりを生産されています。

梨を切らずに糖度をチェック

梨を切らずに糖度をチェック

幸水、豊水、秋月、かおりを生産

幸水、豊水、秋月、かおりを生産

非破壊糖度計の導入で作業もスムーズ

梨の糖度測定に手持ち屈折計N-1Eを永くご愛用いただいておりましたが、非破壊糖度計の発売を機に、PAL™-光センサー12をご購入いただきました。

飯田園様では、幸水の糖度は12%以上で出荷されています。飯田様自身は、長年の経験から梨の形や色でおおよその糖度がわかるそうですが、非破壊糖度計の導入によって、「従業員の方でも梨を切らずに糖度が判別ができるようになる」とお喜びの声を頂きました。


農業 原田農園 様

光センサー
当てるだけで計れます

当てるだけで計れます

人気の観光農園

人気の観光農園

舌と数値で甘さがわかる

高砂、正光錦、佐藤錦、紅秀峰、ナポレオンなどのさくらんぼ狩りができる観光農園です。お客様にさくらんぼの甘さを舌だけでなく、Brix値(糖度)で提示することで喜ばれると思い、PAL™-光センサー16を導入しました。さくらんぼに当てるだけで、すぐに糖度がわかる点が気に入っています。


農業 JA全農たまご株式会社 八千代液卵工場 様

PAL
JA全農たまご株式会社 八千代液卵工場 様

わたしたちの身の回りには、卵を使った食品がたくさんあります。美味しく、同じ仕上がりの商品をつくるためには、素材である卵の品質が高く一定であることがとても重要です。
そこで登場するのが「液卵」。白身、黄身、全卵の3種類の液卵があります。

全農から鶏卵販売事業の移管を受け、鶏卵の仕入れ、販売、加工を行っているJA全農たまご株式会社様。千葉県八千代市にある八千代液卵工場では全卵の液卵を製造されており、アタゴのPAL™-1で液卵のBrix管理をされています。
製造担当部長の富嶋様にお話をうかがいました。

液卵のBrixについて

養鶏場から仕入れたたまごを割卵し、殺菌した直後や容器に充填する際のBrixを測定していらっしゃいます。液卵のBrixは、例えばパンなどの焼きあがりに影響するため重要な要素であるとのこと。全卵のBrixは24~28%以上ということがわかっており、加水されていないことの証明にもなります。
また、白身と黄身はBrixが違うため、よく混ざっていないと測定時のBrixが安定しません。細かなフィルターに液卵を通すことで均質な液にしていらっしゃるのだそうです。

徹底した品質管理

PAL™-1での測定は1日10回ほど。機械を洗浄した際の水分を含むなどしてBrixが自社基準以下だった場合はその液は扱いません。
製造している液卵の温度はなんと(※)5℃!わたしたちが普段みる鶏卵は、かたい殻をもち、中身を外部から守っています。しかし、割ってしまえばたちまちバクテリアとの闘いの始まり。すばやく、低温で処理することで品質を保っています。
(※)5℃の液卵は一度容器にサンプリングし、温度を少し上げてからBrixを測定します。

大切にしていること「新鮮、美味、安心」

スピードと温度に気を付けて殺菌し、安全な商品をつくっていらっしゃいます。

富嶋様にはお忙しい中ご親切にご対応いただき、貴重なお話をきかせていただきました。これからも末長くご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


農業 マルヤファーム 様

マルヤファーム 様

ギネス認定 世界一甘い桃

桃といえば、日本で有名な産地は山梨県、福島県、長野県ですが、大阪府岸和田市に、“世界一糖度が高い桃”としてギネス世界記録に認定され、大きな話題を呼んでいる桃があります。岸和田市包近町の「マルヤファーム」で栽培された「まさひめ」という品種の桃です。

ギネス認定時の1玉あたりの平均糖度は、なんと22.2度!
一般的な桃の糖度は、10~12度ですから、ほぼ倍の値です。
驚きの甘さということがわかります。

包近町は古くから桃の名産地でありましたが、全国的知名度は低く、このギネス登録を機に、多くのメディアに取り上げられるようになりました。
ギネスへのチャレンジは、足掛け3年に及ぶ長いものでしたが、「マルヤファーム」代表の松本隆弘さんの努力で「包近の桃」のブランド力を一気に押し上げる事ができました。 「マルヤファーム」の桃は、ネット上でも販売を行っていますが、予約開始から15分で『完売』するほどの大人気の商品です。

マルヤファーム様は、昔からアタゴの手持糖度計 (※)N-1で糖度を測っていらっしゃいます。アタゴは、マルヤファーム様の桃の品質維持に影ながら貢献させて頂いていることをとても誇りに感じております。
(※)現在のMASTERシリーズに相当します


農業 望月農園 様

光センサー
望月農園 様

樹になっているぶどうにも当てやすい

知人の紹介でPAL™-光センサー2を知りました。出荷の目安確認のひとつとして使用したり、新しい品種が出てきた時の品質の確認にも用いています。
光センサーは、小さくて重くもなく、樹になっているぶどうにも当てやすい点が気に入っています。
また、他メーカーに比べ手が出しやすい価格帯なところも嬉しいところです。


農業 JA町田市 町田市農業協同組合 堺支店 アグリハウスさかい 様

PAL
アグリハウスさかい 様

アグリハウスさかいでは、野菜の直売や、農業資材を販売しています。基本的には町田市内で採れた新鮮な野菜を直売していますが、一部町田市の外から採れた作物も販売しています。
アグリハウスは町田市に、アグリハウスまちだ、鶴川、忠生、みなみ、さかい、と5か所ありますが、そのすべてで、ポケット糖度計PAL™をお使いいただいております。

糖度計でアドバイス

上田さまは、糖度計を持って地域の農家さんをまわっていらっしゃり、農薬や肥料、害虫についてアドバイスをされています。ずっと昔は、図鑑を見ながら作物のコンディションについてアドバイスをされていたそうですが、図鑑には末期状態の画像しかなく、初期段階や中度の状態のアドバイスが大変だったと、思い出を語ってくれました。糖度を測ることで、作物の状態を、より的確にアドバイスできるそうです。例えば、トマトの柵で、下の段のBrixが高いと、上の方まで栄養がいきわたらないことがあるそうで、そういったアドバイスに使用されています。

心温まるエピソード

上田さまは、農業指導員の他に、相続/年金アドバイザーもされており、地域の農家さんに頻繁に顔を出すことを心がけているそうです。高齢化が進む中、地道に足を運ぶ活動で、農家さんからも声をかけやすく色んな相談がしやすいようにしている、と心温まるエピソードがきけました。

農家さんに寄り添い続けるアグリハウスさかい様のますますのご発展をお祈りいたします。今後ともご愛顧のほど、どうぞ宜しくお願い致します。


JA町田市 町田市農業協同組合 堺支店 アグリハウスさかい ホームページ
http://www.ja-machidashi.or.jp/agri/farmstand/sakai/


農業 有限会社アルファー 様

PAL MASTER
有限会社アルファー 様

有限会社 アルファー様は、青果物や食肉などの仕入・販売だけでなく、自社でも農場を持つ「農業する八百屋」さんです。現在、仕入先を200件、契約農家様を500戸抱えていらっしゃいます。


アルファー様では、野菜や果物の糖度を測定する為に、アタゴの糖度計PAL™-JMASTERシリーズをご愛用頂いています。PAL™-Jはデジタルであるため、誰でも同じように客観的に測定できると好評です。

糖度計との出会い

そんなアルファー様とアタゴ製品との出会いは、25年以上前に遡ります。トマトの糖度を知りたいと思ったことから、糖度計を使用し始めたそうです。「甘い」という感覚を数値で裏付けしたいという思いから始まった測定も、現在では何でも測ってみよう、という気持ちの下、様々な果物や野菜を測定していらっしゃいます。それらの測定結果はアルファー様のホームページにびっしりと記されており、おいしさへのこだわり、そして探究心を感じることが出来ます。


糖度計は、人それぞれ異なる味覚に対して数値による裏付けを行ったり、自分の感覚を鍛えることにもつなげることが出来ると仰っていました。

アタゴ製品を選ばれた理由

最後に、何故アタゴ製品をお選びいただいたのか、理由をお聞きしました。「まず、手にフィットする感覚です。PAL™は人間工学に基づき設計されていると聞いて納得しました。また、手触り感がとても良いのもポイントです。一見測定には関係がないように思える手持ち感を突き詰めている姿勢は、とても好感が持てます」

おいしさへのこだわり、飽くなき追求を続けるアルファー様のますますのご発展をお祈りいたします。今後ともご愛顧のほど、どうぞ宜しくお願い致します。


有限会社アルファー ホームページ
http://www.alphar-net.com


農業 宮崎県総合農業試験場 亜熱帯作物支場 トロピカルドーム 様

BX/ACID
宮崎県総合農業試験場 亜熱帯作物支場 トロピカルドーム 様

宮崎県総合農業試験場では、職員一同が農家の作業性や収益性が改善されていくことを念頭に、宮崎県の特産となるもの、発展につながることを研究しています。


苗木や葉の成長具合、花の成長具合や状態、結実率や味等を日々チェックし、宮崎県の特産の育成に注力しています。また、農家からの依頼があれば農家まで赴き、育成方法の指導や果実のチェックもしています。

果物の味の決め手はバランス

果物の味は甘さや、酸っぱさのバランスが決めての一つになります。そのバランスは育成方法や日光の当たり具合、土壌成分や水はけ等により、同じ畑の中でも違いが生じます。食味によるチェックは、チェックする人の感じ方や体調の良しあしによっても左右されます。
そのため、ポケット糖酸度計PAL™-BX|ACID1(柑橘用)で、糖と酸をこまめに数値化しバランスチェックをしていくことは有効です。

ポケット糖酸度計PAL™-BX|ACID1(柑橘用)はポータブルで、いつでもどこでも手軽に糖度と酸度を測れるようになりました。生産農家での指導や新しい育成方法の研究の際は現場に持ち込み、目の前で計測することで作業効率もアップし、理解度の向上にもつながり便利です。

研究の場なのに観光スポット

宮崎県総合農業試験場亜熱帯作物支場は、完熟マンゴー、日向夏(ひゅうがなつ)、完熟きんかん、ジャカランダ等、新品目の開発や栽培方法の開発、試験研究成果の公開や需要拡大のためのPRが行なわれています。無料で一般公開されており、研究関係者の他に観光目的の方も多く訪れます。

亜熱帯作物支場がある山は研究の場でありながら、観光スポットでもあります。ハイキングコースが整備され、山と海を眺めながら自然を親しむことができます。展望台や広場も整備され、亜熱帯植物の宮崎への適応性を研究するために、緑化木が数多く導入されています。

今後も宮崎県農業試験場は農業、生産者の発展と宮崎県の発展のために業務を推進します。
5月下旬から6月中旬にかけてはジャカランダという熱帯性の花祭りも開催されます。
また、場内のトロピカルドームでは珍しい熱帯性植物が年間を通して見学することができます。宮崎県総合農業試験場からは鵜戸神宮や都井岬等の観光名所も近く、近くの港にはカツオやマグロも多く上がります。
ご家族や友人もご一緒に足を運んで南国気分を楽しまれてみてはいかがでしょうか。

これからも末長くご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


農業 株式会社スミフル 様

BX/ACID
株式会社スミフル 様

株式会社スミフル様は、バナナを中心にパイナップル、メロン、アボカド、パパイヤ、柑橘類などの生鮮青果物を輸入し販売している会社です。
農園での生産から収穫、加工、流通、販売までの一貫した品質管理を行ない、高品質で安全な青果物を提供されています。

糖度が高く甘みが強いパイナップル

フィリピン・ミンダナオ島にあるパイナップルの栽培に適した農園を選定し、栽培してます。
独自の基準でパイナップルを収穫することで、糖度が高く甘みが強いパイナップルを提供しています。

高糖度計パイナップル「完熟王(かんじゅくおう)」の測定にPAL™-BX|ACID9(Pineapple)をご使用いただき、その感想をお伺いしました。

糖酸度計(PAL™-BX|ACID9)の使い勝手はいかがでしょうか?

・精度の高さ
・サンプルが少量ですむこと
・測定時間の短さ
・携帯可能で測定の場所を選ばないこと
・酸度を測定するのに準備物が蒸留水のみでよいこと等、非常に活用しやすい製品であると感じました。

これからも末長くご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


農業 NESTER FRESH PAPAYA 様

PAL
NESTER FRESH PAPAYA Armah 様

NESTER FRESH PAPAYA Armah 様

Armahさんは、ガーナでパパイヤを生産されています。彼の畑は、ガーナの首都アクラから約41km離れたところにあり、特にヨーロッパ市場で人気があります。それもそのはず、なんと彼のパパイヤは糖度16%もあり、非常に甘いのが特徴です。

Armahさんへインタビュー

NESTER FRESH PAPAYA の Mr. Emest Armahさんへインタビューを行ないました。

Qアタゴのポケット糖度計ををどのような用途で使用されていますか?

A私たちは、アタゴ社のポケット糖度計PAL™を使用してパパイヤの品質管理を行なっています。より美味しいパパイヤを生産するため、私たちは日々奮闘しています。

Mr.Armahさんは商談の際にポケット糖度計PAL™を使用してパパイヤのBrix(糖度)を測定し、お客さんに提示しています。