ヨーグルト
- Yogurt -

とろみのあるヨーグルトは健康にいい!?

ヨーグルトが健康に良いと言われる理由は、大きく2つあります。栄養価が高いことと、乳酸菌が豊富に含まれていることです。乳酸菌には様々な種類があり、製品によって添加されている乳酸菌が異なります。その違いは、風味や食感に現れます。例えば、とろみの強いもの、これはEPSという成分で、乳酸菌が発酵の過程で作り出す物質のひとつです。「Exopolysaccharide (エキソポリサッカライド)」の略で、体の免疫機能を活性化させる働きがあることがわかっており、健康に良いとされる理由に関係しています。

ヨーグルトの粘度

VISCO™  測定事例
スピンドル : A2L
サンプル温度 : 30℃

ヨーグルトの粘度グラフ

ヨーグルトの製造工程

ヨーグルトは、パッケージに入れる前にタンクの中で発酵させる前発酵と、パッケージに入れてから発酵させる後発酵の2通りがあります。この製造工程の違いは、ヨーグルトの柔らかさに現れます。前発酵製法で作られたヨーグルトはとろっとした柔らかく滑らかな食感が特徴で、主に飲むヨーグルトや果肉入りヨーグルトの製造に使用されています。後発酵製法で作られたものはプリンのような適度な硬さがあります。